体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

気分は午後1時半!? ドラマ化された「きのこたけのこ戦争」が完全に昼ドラ

気分は午後1時半!? ドラマ化された「きのこたけのこ戦争」が完全に昼ドラ

ネット上でもたびたび話題になる「きのこたけのこ戦争」。明治のチョコスナック「きのこの山」と「たけのこの里」を愛する人が、それぞれの推しを主張し合うバトルですが、ついにドラマ化されてしまいました……!

【さらに詳しい元の記事はこちら】

2017年9月26日に「大人のきのこの山」と「大人のたけのこの里」がリニューアルして新発売されるのを記念して、9月25日からスペシャルWEBドラマ『きの子と竹彦』が公開されました。「大人の」ですから、かなりビターなドラマ。しかも1話の長さは、まるできのこの山、たけのこの里をひとつ食べるのに要する時間のように短い6秒。そのせいか、非常にテンポよく進んでいきます。

気になるストーリーは、「きのこの山」を愛する女性きの子が「たけのこの里」を愛する武里家に嫁入りしたことで経験する様々な出来事。これが昼ドラ仕立てで進んでいくのですが、ツボをおさえた「昼ドラあるある」ネタが散りばめられ、いかにもな展開です。そのノリは、人物相関図を見ただけで一目瞭然。

ある日、帰宅した夫・竹彦のシャツに怪しいシミを見つけるきの子。


そして定番の嫁いびりの数々。




夫・竹彦は母親にべったり。


1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。