体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レオナルド・ディカプリオは、『アメリカン・サイコ』に出演するはずだった!

レオナルド・ディカプリオは、『アメリカン・サイコ』に出演するはずだった!

映画『アメリカン・サイコ』の主人公パトリック・ベイトマンは斧を振り回す文字通りの”サイコ”だが、あなたはこの役を演じるレオナルド・ディカプリオを想像できるだろうか?

製作者の1人であるエドワード・プレスマンは、『タイタニック』でレオが大物スターになったあとに『アメリカン・サイコ』のスクリプトが送られてきたので、主役にレオを起用したいと思っていたと、『The Hollywood Reporter』のインタビューで当時を振り返った。

エドワード・プレスマンは、次のように語っている。「メアリー・ハロン監督が『レオは当分、映画をやらないだろう』と言っていたように、かなり待たされた。(結果として)メアリーの読みは当たっていた」

その代わり、「まだ大スターになっていなかったが、役を熱望していた」というクリスチャン・ベールを起用するに至った、とプレスマンは振り返る。この案がうまくいき、映画が成功したおかげで、ベールは同世代で最も優れた俳優の1人としての位置を築く事が出来た。

一方のレオは、代わりに「ザ・ビーチ」に出演して、最低な映画を決める”ラジー賞”ことゴールデンラズベリー賞の最低男優賞に(この1度きりではあるものの)初ノミネートされてしまった。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ネット民騒然!カナダのトルドー首相がチューバッカ柄の靴下を着用
ジェニファー・ローレンス、『ゴシップガール』セリーナ役のオーディションを受けていた事が明らかに
リンダ・ハミルトンが『ターミネーター』シリーズ最新作に出演!
モーガン・フリーマンとトミー・リー・ジョーンズがコメディ映画で共演!
エミー賞にノミネートされたことのない意外なTVスターたち

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。