体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GLAY、アリーナツアー『SUMMERDELICS』が開幕!

GLAYが9月23日(土)、25公演で24万人動員の大型アリーナツアー『GLAY ARENA TOUR 2017 “SUMMERDELICS”』を朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンターよりスタートさせた。7月12日(水)にリリースし、オリコン1位にも輝いたアルバム『SUMMERDELICS』を引っさげてのツアーであり、約2年ぶりの開催となった本アリーナツアー。初日を含む新潟公演はもちろん両日ソールドアウトとなっており、会場はGLAYの登場を今かと待つ熱気で溢れていた。
9月23日(土)@朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター (okmusic UP's)

オープニング映像と共にメンバーが各々登場。TERUの「カモン!新潟!」という掛け声とともに、アルバムのリードトラック「the other end of the globe」が始まるとアリーナ全体のボルテージは早くもピークに到達し、その後もアルバム『SUMMERDELICS』収録曲を中心に披露した。MCでTERUは「朱鷺メッセ2DAYSは初めてです!GLAY初めての朱鷺メッセ2DAYSという歴史に、皆が愛情を込めてくれることによって、この2日間が僕たちにとっても歴史になると思います。僕らもなかなか会いに来れない分、溜まった愛情をぶつけるので是非受け取ってください」と話し、往年の名曲『HOWEVER』他、新旧織り交ぜたナンバーを披露してファンを喜ばせた。優しい空気が会場を包む中、TERUが「やっとリリースが決まった曲があります」と突如、11月22日(水)にGLAY55枚目となるシングル「WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~」の発売を発表した。続けて表題曲である「あなたといきてゆく」の作詞作曲を担当したTAKUROが「なんかここで“良い曲”というのを書いてみたいと思って、久しぶりに自分の心の奥底から出てくる思いをストレートに曲にしました。この曲に込めた思いは、素直に長い間応援してくれているみんなと、ずっと支え続けてくれているスタッフと、俺たちの周りにいる全ての人に伝えたいと思って書きました」と楽曲に込めた思いを話した。会場全体が歓喜につつまれる中、「あなたといきてゆく」を披露した。数々の名曲を生んできたTAKURO作詞作曲の新ラブバラードにアリーナ全体が酔いしれた。なおこの楽曲はサプライズでアルバム『SUMMERDELICS』に歌詞カードが封入されていたこともおり、既にライブでは歌詞を口ずさむファンもいた。その後も『SUMMERDELICS』収録楽曲を中心に、ライブ定番曲やライブ披露レア曲などアンコールを含む全23曲を披露し、GLAY約2年ぶりの開催となったアリーナツアーの初日が幕を閉じた。

また、MC中に発表された11月22日(水)に発売のGLAY55枚目となるシングル「WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~」はGLAY渾身のバラード集となっており、ライブでも披露された「あなたといきてゆく」をリードトラックに、「時計」、「Satellite of love」の再録含む全4曲入りのCDとなる予定である。「あなたといきてゆく」は数々の名曲を生んできたTAKURO作詞作曲であり、歌詞の内容などからGLAYが誇る名バラード「ずっと2人で…」を彷彿させる楽曲となっており、10月20日(金)夜8時から放送がスタートする沢村一樹主演、テレビ東京系の金曜8時のドラマ『ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~』の主題歌に決定した。GLAYのニューシングルは11月22日(水)にリリース予定である。見逃さないようにして欲しい。

■アリーナツアー特設サイト 

http://glay.jp/summerdelics
【コメント】

■GLAY TAKURO

「この度、テレビ東京系の金曜8時のドラマ『ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~』の主題歌に僕達の楽曲を選んで頂きメンバー、スタッフ一同、大変光栄に感じております。本当にありがとうございます。プロデューサーである田淵俊彦さんが“シンプルなテーマに真っ向から向き合いドラマを創る”と仰っていました。その想いと、GLAYの楽曲「あなたといきてゆく」に込められた、“真っすぐに人を愛し、年月を積み重ね愛情(=人生)を築き上げる”という僕らGLAYの想いが共鳴していると感じました。この冬、皆様の生活の様々な場面にこのドラマの伝えたいメッセージと共に僕達の曲が寄り添うことができれば、音楽家としてとても幸せです。最後になりましたが、主演の沢村さんを始め、全てのドラマ関係者の皆様、制作スタッフの皆様に、GLAYに主題歌を担当させて頂けましたことを改めて感謝したいと思います」

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。