体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インス(MYNAME)、入隊前の初ソロライブを敢行

8月25日に東京国際フォーラムホールAにて開催されたMYNAMEのワンマンライブで、10月26日に兵役に行くことが発表されたメンバー最年長のインス。9月6日には初のソロミニアルバム『NAKED』がリリースされ、東名阪で連日リリースイベントをおこなったばかり。そんなインスが入隊前にして、初のソロワンマンライブをZepp Tokyoで開催し、9月6日に発売した初のソロミニアルバム『NAKED』の楽曲を中心に、様々な趣向を凝らしたパフォーマンスを披露した。
9月23日(土)@ZEPP TOKYO (okmusic UP's)

一発目から『NAKED』のリード曲となった「NAKED LOVE」をダンサーと共に、キレのある鋭いダンスを披露し、スタートから観客を大いに盛り上げる。その後、MYNAMEの楽曲より「Crazy Crazy」や自作曲「Morning」を歌い上げ、MYNAMEのアルバムに収録された曲もソロで披露している。ギターとピアノでの編成により、MYNAME楽曲より「ささくれ」、自身のミニアルバムからファンに好評の「Love Letter」とバラードを披露。インスの歌唱力とファンへのメッセージを歌詞を通じて印象付けた。歌唱中におもわず感極まって号泣したインスは、「泣かないって自分と約束したのに、ごめん、泣いちゃった。もうええわ!」「歌詞の意味もちゃんと聞いてもらいたくて、泣かないと決めてたのに…」と本音を語り、会場からあたたかい拍手が沸き起こった。そのままの編成で、今度は日本語メドレーを歌い、尾崎豊の「OH MY LITTLE GIRL」「I LOVE YOU」と、徳永英明「Rainy Blue」を歌い上げた。さらに、韓国バラードのメドレーも披露し、昨年12月に発売されたMYNAME『ALIVE』に収録された自作曲「RAIN」を韓国語バージョンで歌い上げて、この日集まった2000人のファンを魅了させた。

さらに、インス自らがDJとして登場して披露し、その後、MYNAME「Crank Up」を挟んで、ミニアルバム『NAKED』に収録された「Burn」をスピード感あふれる振付とともに披露して、場内を盛り上げた。また上半身も裸になり、鍛え上げた肉体美を見せた上で、ダンスパフォーマンスを披露した。

インスは最後に「今はとても幸せです。みなさんに大変感謝しております。頑張って、戻ってくるので、みんなも笑顔で約束守って、2年後、また笑顔で会いましょう!」「みんな約束守るよね!!」と絶叫し、まるで約束を誓い合うかのように、観客と「Promise Land」のサビ部分を一緒に歌った。最後に7月に発売されたMYNAMEのアルバム『MYNAME is』より、「忘れないで」をメンバーとの絆が伝わる映像をバックに泣きながら熱唱し、ファンも同様に涙し、MYNAMEとファンとのつながりの深さが感じられる感動的なエンディングとなった。終演後も鳴りやまないインスコールが巻き起こり、インス再度登場。インスお決まりのお別れの挨拶「ハナ・ドゥ・セイ(3 ,2,1)インスマイル」と絶叫し、再びファンに別れを告げた。

9月24日には『IN SOO,S 忘れないでSMILE』というファンミーティングも品川インターシティホールでおこなわれる。また、9月28日放送のTBS系「究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦」にも出演。メンバーからコヌとジュンQも収録にかけつけ、鍛え上げた肉体を披露している。入隊まであと一か月、今後のインスの動向に目が離せない。

photo by MICHI ISHIJIMA
『IN SOO,S 忘れないでSMILE』(ファンミーティング)
9月24日(日) 品川インターシティホール

【昼公演】開場13:00 開演14:00

【夜公演】開場17:00 開演18:00
ミニアルバム『NAKED』
発売中

【初回盤】(CD+DVD)

UICV-9258/¥2,407+税

<収録曲>

■CD

1.NAKED LOVE

2.Hot Thing’s feat. JUN Q

3.Burn

4.You Don’t Know Me

5.One last time

6.Love Letter

■DVD

NAKED LOVE (Music Video)

NAKED LOVE (Music Video メイキング映像)

ジャケット撮影・メイキング映像

Special Interview

【通常盤】(CD)

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。