体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家電量販店に存在する値引き交渉NGの商品とは

家電量販店に存在する値引き交渉NGの商品とは

ブランド力の高いメーカーは、家電量販店に対して「販売価格の指定」ができる暗黙の了解があります。もし家電量販店側が暗黙の了解を破って値引きをしようものなら、出荷数が制限されてしまうのです。家電量販店に存在する値引き交渉NGの商品は、知っておおいて損はないでしょう。

値引き交渉NGの商品は統制価格

例えば、アップル製品はネット通販や量販店でも大差はありません。自社直営店である「アップルストア」での価格が、量販店も事実上の“統制価格”になっています。まさに、値引き交渉NGの商品です。

同じような値引き交渉NGの商品にダイソン、アイロボット社、家庭用ゲーム機本体があります。三脚などのカメラ周辺機器も値引き交渉はNG。このルールを家電量販店が破るとどうなるのでしょう。

その場合、メーカーからの出荷数がコントロールされるといわれています。これは家電量販店にとっては大きな痛手。そういった商品は卸価格も高いので、ポイント還元率が10%ではないのも、そんな理由からなのです。

一定数の商品は値引きしない協定

なお、ビックカメラやヨドバシカメラは駅前店舗が中心となっています。その高額な家賃を支払うために両社共に「一定数の商品は値引きしない」という“駅前協定”を結んでいたといいます。

しかし、2007年に“郊外型”だったヤマダ電機が駅前に進出して状況が一変。駅前協定知らずのヤマダ電機が行った価格破壊により、駅前の家電量販店は戦国時代に突入したというわけです。

また、このときの価格破壊に「販売価格の指定」を行っていたメーカーが現在も怒っているという話。ヤマダ電機にはそのメーカーの新製品の出荷数が少ないといわれています。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy