体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「なんもなかもんねえ」な佐賀、ワゴンタクシーで巡ったら最高だった

「なんもなかもんねえ」な佐賀、ワゴンタクシーで巡ったら最高だったJAPAN LOCALエディターを初めて3ヶ月が経とうとしている。インタビューしたり記事を作ったりしながら一番「ああ、おもしろいなあ」と思ったのは、みんな同じことを言っている、ということだ。

それは、今は「選択」の時代だ、ということ。

それを改めて感じさせられたのが、D&DEPARTMENT PROJECT監修の「シェアトラベル」だった。

ガイドブックは
『d design travel』

「なんもなかもんねえ」な佐賀、ワゴンタクシーで巡ったら最高だった

『d design travel』という雑誌をご存知だろうか。

これは、D&DEPARTMENTが発行している観光ガイドだ。1都道府県ごとに1冊ずつとりあげていく。その土地に長く続く「個性」「らしさ」のあるデザイン=「ロングライフデザイン」をテーマに、宿、工芸、食などを取材する。

私はこの本を、今もっとも信頼できる観光ガイドだと思っている。内容に説得力があるからだ。その秘密は単純明快で、彼らはこの本を作るとき、実際に現地に住み込んでしまうのである。最初は本の存在を明かさず、自費で泊まって、買って、食べて。外的要因に左右されず、自分たちが「いい」と思ったものだけを掲載する。それをまた、新しい土地で繰り返す。

そんな『d design travel』の編集部員が行き先をセレクトしたツアー、それが「シェアトラベル」だ。信頼できないわけがない——と同時に、どのような旅になるのか謎も多かった。そんな中で、事前に行われたプレスツアーに参加させてもらえることになった。

当日の朝、空港で集合後『d design travel』佐賀号を手渡された。ANAの機内でそれをめくりながら、私は「新しい旅のかたち」に思いを馳せていた。

「何人で行くんですか」
「8人です」(えっ!)

佐賀空港で参加者がそろった時、あれ?と思った。思わず「何人参加するんですか?」とたずねると、参加者は8人だという。

というのも、「シェアトラベル」は、チャータータクシーを使った乗り合い旅なのだ。催行人数は2〜8人。2名まではセダンタクシー、それ以上はワゴンタクシーを利用し、現地のドライバー+『d design travel』編集長・ナガオカケンメイ氏の音声ガイドで、厳選されたスポットを巡っていく。「なんもなかもんねえ」な佐賀、ワゴンタクシーで巡ったら最高だった

ナガオカケンメイ氏のガイドは、一般的なガイドのそれとは違う。

各スポットの概要を説明しながら、「編集部は絶対ここでごはんを食べる」などの経験談も盛り込まれていく。それは、時間とエネルギーをかけて『d design travel』を編集したからこそ言える内容だし、同誌の説得力と地続きのものだ。とても信頼できるし、飾らない感じのしゃべりは聞いていて楽しい。

ちなみに、「シェアトラベル」のツアー代金に含まれるのは航空券+宿泊代(朝夕付き)+チャータータクシー代のみなので、参加者は、好きなものを好きなだけ、その場で購入・注文することができる。気になるメニューがあれば迷わず注文していいし、逆に興味がわかなければスルーしてもいい。

主催者側と参加者が近い距離で、無理なく自由に、その土地を楽しむ。8人以下という人数は、かなり絶妙な設定なのだ。

じゃあひとり旅でもよくない?

と、思う人もいるかもしれない。
私自身、団体旅行というものは非常に苦手だ。大人になってからはもっぱらひとり旅しかしていない。

だが、ひとり旅には限界がある、とも感じている。
行ったあとで「ああ、こういう風習があったのか。だったら…」と、もうひとつ踏み込んだアクションをとれなかったことを後悔することもあるし、そもそも、時間があまりにも限られている。数泊するだけで、現地の人と同化することはできない。

『d design travel』には編集理念がある。
そのひとつに「取り上げた場所や人と、発刊後も継続的に交流を持つ」という項目があり、編集部は、現地の人とかなり深い関係性を築いている。そのおかげで、参加者はお店の裏側をのぞかせてもらったり、特別にガイドをしてもらったりすることができる。そうして、その土地の「ロングライフデザイン」にふれる濃い体験ができる仕組みになっているのだ。

「シェアトラベル」に参加することは、関係性に参加させてもらうこと。だから、1泊2日という限られた時間でも、ひとり旅では得がたい満足感と充実感を得ることができる。

で、なんで佐賀?

と思う人もいるだろう。しかも第一弾に選ばれたとは。ツアー前、旅行代理店に勤める姉に相談したくらいだ。そして佐賀単体のパンフレットがないと知って愕然とした(「九州」のパンフレットにちょこっと掲載されているとのこと)。

ツアーに同行してくださった佐賀県地域交流部の川原靖さんによると、今回の「シェアトラベル」は、佐賀県による観光客誘致事業のひとつとのことだった。

佐賀県には、羽田空港からはANA(全日本空輸)、成田空港からは春秋航空日本の2路線が就航している。それらを利用して首都圏からもっと多くの人に訪れてもらおうと、県が事業案を募り、選ばれたのがD&DEPARTMENTの「シェアトラベル」だった。その理由については、「有名な場所だけではなく、佐賀ならではの人・場所に立ち寄りながら、佐賀のよさを味わってもらえると思った」とのことだった。

結果からいうと、「シェアトラベル」の切り口で見た佐賀は、本当に素晴らしかった。その土地、その人の物語にふれることができ、ただ「楽しい!」というよりは、今思い返しても心が満たされ、あたたかくなる——そんなツアーだった。

佐賀の「シェアトラベル」
コースは全部で4つ

「なんもなかもんねえ」な佐賀、ワゴンタクシーで巡ったら最高だった
1 2 3 4次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。