体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鶏もも肉がジューシー!「鶏とナスのおろし南蛮煮」

鶏もも肉がジューシー!「鶏とナスのおろし南蛮煮」
J-WAVEで放送中の番組「FRUIT MARKET」(ナビゲーター:横山エリカ)のワンコーナー「RADISH BO-YA TODAY’S DISH」。9月は、ナスを使った簡単レシピを紹介しています。9月23日(土)のオンエアでは「鶏とナスのおろし南蛮煮」を紹介しました。

<材料>
ナス:3本
鶏もも肉:1枚
サラダ油:大さじ1.5
片栗粉:小さじ1
ごま油:大さじ1
しょうゆ、塩、こしょう:各適宜
(合わせ調味料)
大根おろし(かるく汁気をしぼったもの):5センチ分
赤唐辛子(へたと種を取り除く):1本
水:大さじ2
しょうゆ:大さじ2
みりん:大さじ2
酢:大さじ1〜1.5
砂糖:小さじ1
片栗粉:小さじ1/2

<作り方>
1:ナスは乱切りにして水に3分さらしておく。鶏肉は一口大に切ってボウルに入れ、塩、こしょうを振り、片栗粉をまぶす。

2:ナスの水気をきったら、別のボウルに入れ、塩少々、サラダ油を加えてまぶす。このタイミングで、一度、合わせ調味料を混ぜ合わせておく。

3:フライパンを熱してナスを入れて蓋をして中火にかけ、たまに混ぜながら5〜6分蒸し焼きにしたあと、いったん取り出す。

4:フライパンにごま油を入れて熱し、鶏肉の皮を下にして、強めの中火で焼く。焼き目がついたら返して、蒸し焼きにしたナス、再度よく混ぜた調味料を加え、中火で2分煮る。味をみて足りなければしょうゆでととのえて完成!

ジューシーな鶏もも肉に、大根おろしと酢を加えた、さっぱりした味付けが良いバランスとなって、箸が止まらない一品です。

ちなみに、ナスといえば「茄子紺」という色を示す言葉があるように、ナスは鮮やかで濃厚な紫色をしています。これは「ナスニン」というポリフェノールの一種の中に、アントシアニンという青紫色の天然色素の仲間が含まれていることによるものです。ナスニンには抗酸化作用があり、コレステロール値を下げる働きや、血液をサラサラにする作用もあります。約93%が水分と糖質でできているため、他の野菜と比べて栄養価やカロリーが高い訳ではないのですが、体に良い成分をきちんと含んでいるんですね♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「FRUIT MARKET」
放送日時:毎週土曜 15時−17時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/fruitmarket/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。