体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

騒音を最大37dbまで遮断! Shureから同社初のBluetoothイヤホン登場

音響機器メーカーのShureは、同社初のBluetoothイヤホンを発売する。定評のある同社の音響技術を駆使し、周囲の騒音をシャットアウトしてクリアなサウンドを存分に楽しめるのが売り。

また、既存のSEイヤホンをワイヤレス化できるBluetoothケーブルも同時に発売される。

・着脱式SEイヤホンにも使える

新イヤホンは「SE215 Wireless」「SE215 Special Edition Wireless」「SE112 Wireless」で、いずれも左右のイヤーピースが短いケーブルでつながっているタイプ。

これら3つの違いはというと、まずSE215 WirelessとSE215 Special Edition Wirelessは左右のピースがケーブルから外れること。

これにより、このケーブルをShure社の他の着脱式SEイヤホンにつけてワイヤレス化できる。一方、SE112 Wirelessはイヤーピースとケーブルが一体となっている。

・端末2台とペアリング

3商品とも高遮音性のイヤーパッドを採用し、周囲の騒音を最大37dbまで遮断できる。中でも、SE215 Special Edition Wirelessは低音を強化したバージョンとなっている。

フル充電による作動時間は8時間。10メートルの範囲で通信でき、2台の端末とペアリング可能。

価格はSE215 WirelessとSE215 Special Edition Wirelessが1万8380円、SE112 Wirelessが1万2800円。既存のSEイヤホンをワイヤレス化するBluetoothアクセサリーケーブルRMCE-BT1も1万2800円で単体発売する。

10月5日から予約受け付けを開始し、発売は同13日となっている。

Shure

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。