体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Destiny 2』実写ダンス動画が控えめに言ってカッコイイ

『Destiny 2』実写ダンス動画が控えめに言ってカッコイイ

2014年の発表以来、よく練りこまれた世界観により、世界中で数千万人のプレイヤーが楽しんだオンラインSFファンタジーFPS(一人称視点シューティング)『Destiny』シリーズの最新作『Destiny 2』PS4版が2017年9月6日に発売されました。これに合わせ、実写動画がYouTubeに公開されていますが2017年9月23日現在、再生290万回を超える人気となっており控えめに言ってカッコイイです。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

『Destiny』シリーズといえば、単なるFPSではなくMMO的に自由なプレイスタイルで作品世界を楽しめることが大きな特徴。それを象徴的に表現した実写映像となっています。各キャラクターによるフリースタイル・ダンスセッション!

トラックメイカーは自身も『Destiny』のコアゲーマーであるTeddyLoid。オファーされた時を振り返り「『Destiny』のコアゲーマーの僕にとって、この曲を作曲するのは、まさしく『Destiny』。運命だったのでしょう」とコメントした通り、このゲームの世界観を知り尽くしたプレイヤーならではのエモーショナルかつ、広大なゲーム空間で共に手を取って進んでいくようなドライブ感に溢れたものになっています。


振付稼業air:manのプロデュースのもと、ダンスを披露するのは2015年の「BATTLE OF THE YEAR WORLD FINAL」で日本人初の覇者となったYU-YA、第4回ムーンウォーク世界大会優勝者の堀野一穂、ヲタ芸ユニット「ギニュ〜特戦隊」のギアちゃそなど、トップクラスのダンサー総勢39名。冒頭の民族系ダンスから、ダンスフロアと化した空間でのウインドミル(ブレイクダンス)、ロボット、HIP HOPと、次々とダンスが続いていきます。

更にはサイリウムによるヲタ芸のムーブまで。トラックの歌詞にもあるように「Anything goes. To what you want, to every want, every need.(なんでもアリさ。求めるものはすべて)」そのものといったなんでもアリのフリースタイルセッション。それは『Destiny 2』がもたらす自由度の高いプレイスタイルを見事に体現したものとも言えます。

映像も上質なMVのようなクオリティ。とにかくこのノリ、一見の価値ありですよ!

(咲村珠樹 / 画像提供・ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア)

関連記事リンク(外部サイト)

数あるポケモンから君に決めた!一番くじに「コイル」だけのくじが登場
四文字熟語の擬人化?いいえ擬女化です!新しいパズルRPGが今冬登場
イカしたスマホにランクアップ!スプラトゥーンのイカ型スマホがスマホケースになったよー!

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。