体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

妊娠12週の不正出血!異変があったときにはすぐに産院へ連絡できる体制を

f:id:akasuguope01:20170317114611j:plain

わたしは、生理が遅れると同時に襲いかかってきたつわりによって、妊娠している事に気が付きました。

早速妊娠検査薬で検査し、陽性反応。産婦人科に行くと妊娠6週目でした。ですが、その時はまだ心拍が確認できず、2週間後また産婦人科へ行きました。妊娠8週で心拍が確認でき、母子手帳を発行する書類をもらい、市役所で母子手帳をもらいました。母子手帳を手にすると、改めてお腹の中に赤ちゃんがいるっと実感できました。

これから楽しみだなっとワクワクしているのもつかの間、妊娠12週頃に少量の赤い血が下着についていたのです。お腹が痛いわけでもなかったし、妊娠しているのに生理はありえないし…。

もしかして、流産?っと一気に不安にかられました。 関連記事:また流産になったらどうしよう!妊娠初期の不正出血に膝ががくがく震える

産婦人科に出血している事を電話で伝えたら、「出血の量はどれくらいですか?」「出血の色は赤っぽいですか?」「茶色っぽいですか?」「今も出血がありますか?」など聞かれました。

量はほんのすこしで、色はどっちかっていうと赤っぽく、今は出血していませんと答えました。すると、大丈夫だと思うのですが、念のため確認したいので今日来れますか?と返事をもらい、その日に予約をいれもらって産婦人科へ。不安で押しつぶされそうでした。

内診してもらうと、赤ちゃんは大丈夫とのこと。ここでようやくほっとひと安心です。緊張が解けました。

でもそもそもなんで出血が?内診後、先生に質問すると、「内診の刺激やかぶれで出血したと思います。赤ちゃんはちゃんとお腹の中にいるので安心してください」と言われました。妊娠中におこる出血は、流産など赤ちゃんに何かあったから出るとということしか思いつかなかったのですが、ただの刺激などでも出血する場合があるそうです。そんなこともあるのかと、びっくりしました。 関連記事:不正出血が続き不安な日々、原因はおりものシートだった!

しかし、もちろん赤ちゃんが危険な状態の場合もあるので、出血したら自己判断はしないで必ず産婦人科に電話してみてもらってくださいと説明を受けました。その日から私は、産婦人科の電話番号を携帯電話に登録して、出血や異変があった場合、すぐ連絡できるようにしていました。

それからは、何事もなく、無事出産を迎えることができました。

妊娠中の不正出血は、さまざまな理由があります。お腹も痛くないし、ほんのちょっとの出血だし、大丈夫だろうは、絶対にダメです。どんな出血も、必ず見てもらうことが大事だと思います。緊急な場合もあるので、産婦人科の電話番号は携帯電話に登録しておくのは安心感に繋がりました。

f:id:akasuguope01:20170317114653j:plain

著者:かな6

年齢:28歳

子どもの年齢:0歳と6歳

こんにちわ。0歳と6歳の男の子の母親です。毎日やんちゃな息子たちと葛藤しながら、楽しんで子育てをしています。ときどき、辛くなる子育ても息子たちの笑顔で吹っ飛びます。私の体験が1人でも多くの人に共感してもらえたら嬉しいです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

また流産になったらどうしよう!妊娠初期の不正出血に膝ががくがく震える
上の子達をおんぶに抱っこ。3人目妊娠の余裕から不正出血であわや入院に
5週に始まった不正出血から、上の子にガマンさせることの多かった妊娠期間

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。