体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

意外な結果?世界の若者世代が住みやすい街ランキングBest5!

意外な結果?世界の「ミレニアル世代」が住みやすい街ランキングBest5
「ミレニアル世代」(Millennial Generation)という言葉をご存知ですか? これはアメリカ発の造語で、2000年代に成人や社会人になる世代を指す言葉。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、現時点では30代以下の若者世代を意味しています。

ベルリンを拠点とし、欧州内の様々な国の物件を取り扱う不動産サイトNestpicksが、「ミレニアル世代が住みやすい街ランキング」を作成してくれました。就職しやすさ、住宅、ナイトライフの充実度など、16項目にわたる詳細な調査の末、世界中の都市から若者世代が住みやすい都市30か所をランキングにまとめています。今回は、そのうちの上位5都市をご紹介したいと思います。

第5位:アントワープ(ベルギー)

意外な結果?世界の「ミレニアル世代」が住みやすい街ランキングBest5
「若者が住みやすい都市第5位」に選ばれたのは、西ヨーロッパのベルギー最大の都市アントワープ(Antwerpen)。この街はどの調査項目も平均的に高い点数をつけられているのですが、Best5位に入っている全ての都市の中で一番「アップル・ストアが充実している」(Apple Store Rank / 10点満点中8.40点)と評価されています。

そして同じく、「インターネットの速度」(Internet Speed Score)も5都市の中で一番良い(8.30点)のだとか。ミレニアル世代は、幼少期からインターネットに触れてきた「デジタルネイティブ」ともいわれる人々。アップル・ストアは、そんな彼らにとって住みやすさの象徴的な存在でもあるのでしょう。

逆に「観光」(Tourism Score / 2.70点)および「食費の手ごろさ」(Food Ranking / 2.70点)が低い点数をつけられていました。

第4位:リスボン(ポルトガル)

意外な結果?世界の「ミレニアル世代」が住みやすい街ランキングBest5
第4位は、欧州大陸大西端のポルトガルの首都リスボン(Lisbon)。ここは、5位のアントワープとは逆に「食費の手ごろさ」(8.80点)と「ビール価格の手ごろさ」(Beer Ranking / 8.90点)が高い評価を得ています。

そして評価が低かったのは、「雇用」(Employment Score / 1.00点)に関して。リスボンは「観光」でも7.00点の高評価を得ているので、仕事よりも「安くて美味しい食事とビールにしたづつみを打ちながら、美しい街を観光するように生活する」のに向いているのかもしれません。

次は第3位です!

第3位:ミュンヘン(ドイツ)

意外な結果?世界の「ミレニアル世代」が住みやすい街ランキングBest5
Best3にも入る高評価だったのは、ドイツのミュンヘン(Munich)。ベルリン、ハンブルクに次いでドイツでは3番目に大きな都市で、世界有数の自動車メーカー「BMW」の本社があることでも知られています。

そんな自動車産業をけん引するミュンヘンは、「交通機関」(Transport Score / 9.50点)、「雇用」(9.40点)が高得点。「就職しやすく、通勤もしやすい」都市の姿が見えてきますね。

「スタートアップ(起業)の多さ」(Startup Score / 9.20点)も同じく高得点なので、仕事をするにはうってつけの場所なのでしょう。それを裏付けるように(?)、ミュンヘンの最低点は「音楽フェスの数」(Festival Ranking / 2.10点)。遊びよりも仕事、ということでしょうか。

第2位:ベルリン(ドイツ)

意外な結果?世界の「ミレニアル世代」が住みやすい街ランキングBest5
3位のミュンヘン同様、ドイツからベルリン(Berlin)が第2位にランクイン。なんとベルリンは、「夜遊び」(Nightscene Score)が10点満点をつけています。そして性的マイノリティーの暮らしやすさ「LGBTフレンドリー」(LGBT Friendly Scor)で9.10点、「男女平等度」(Gender Equality Score)で9.00点など、性別などのバックグラウンドで差別されない都市の雰囲気が垣間見えますね。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。