体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニンジャ、花魁、サムライが舞う“KABUKI”を見ながらディナーを堪能

ニンジャ、花魁、サムライが舞う“KABUKI”を見ながらディナーを堪能

9月4日、東京タワーの向かいに位置する「THE PLACE of TOKYO」に、「KABUKI Dinner Show」がオープンした。歌舞伎の人気演目「連獅子」など日本のエンタメをふんだんに盛り込んだ、珍しい “JAPANコンテンツ” のディナーショーを楽しめるという。

・日本のエンタメが盛りだくさん
ショーは、歌舞伎の演目「連獅子」を軸にした「KABUKI JAPAN SHOW」といえるもの。見た目にも勇壮な「連獅子」を間近で観賞できるのに加え、忍者によるエクストリーム・アクロバット、鎧サムライによる華麗な殺陣、花魁ダンサーの華やかな舞、優雅な琴の生演奏など、さまざまなコンテンツで構成されているようだ。

・プロによるパフォーマンス
演じるのは、三代目市川猿之助(二代目猿翁)一門で修業した歌舞伎企画・雅屋「MIYABIYA JAPAN」の伊右衛門ら、一流のプロフェッショナルたち。ハイレベルなトリッキングアクションをするパフォーマーや日本屈指の一流殺陣師、数々のコンテストで入賞歴のある和楽器奏者などが「KABUKI Dinner Show」のために集合したのだとか。

・恒常的な上演を目指す
こういったディナーショーはこれまでにもスポット的に開催されてきたが、「KABUKI Dinner Show」では恒常的な上演を目指しているとのこと。開催時間は19時〜20時30分、料金は1人1万9000円(税・サ込)。着席ブッフェ形式でフリードリンクとなっている。

ショーの前に英語と日本語による演目のレクチャーがあるので、ビギナーから外国人旅行者まで安心して楽しめるはず。カジュアルディナーと日本文化を満喫する夜というのもなかなか粋なのではないだろうか。(Mr. Fox)

予約ページ: http://aryu-corp.co.jp/kabuki

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。