体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ダイナミックで個性的なDJパフォーマンスを実現 / 新機能を搭載したDJコントローラー

ダイナミックで個性的なDJパフォーマンスを実現 / 新機能を搭載したDJコントローラー

Pioneer DJは、楽曲管理アプリケーション「rekordbox(TM)」をメジャーアップデート(ver.5.0)し、「rekordbox dj」および「rekordbox dvs」のデザインを刷新。「KEY SHIFT」など新しいDJパフォーマンス機能を追加した。

同時に、これらのパフォーマンス機能を思い通りに操作し、より個性的なDJパフォーマンスができるDJコントローラー「DDJ-XP1」を発売。近年、DJ / クラブ市場でニーズが高まっている、DJアプリケーションを使ったよりダイナミックなDJパフォーマンスを叶えてくれるという。

・DJパフォーマンスの幅が広がる
9月中旬発売の「DDJ-XP1」は、ターンテーブルまたはDJプレーヤーと、DJミキサーを使ったDVS(Digital Vinyl System)に追加することで、「rekordbox dj」と「rekordbox dvs」を用いたパフォーマンスの幅を広げられるサブコントローラー。

従来のコントローラーとDJアプリケーションの組み合わせでは、8個までのパッドを使ったパフォーマンスしかできなかったそうだ。しかし、今回のアップデートにより、「HOT CUE」や「PAD FX」、「BEAT JUMP」、「SAMPLER」など、搭載されているすべてのパッドモードにおいて「x32 MULTI-COLOR PERFORMANCE PADS」を使ったDJパフォーマンスが可能になった。

・進化したDJミキサー
また、「rekordbox dj」と「rekordbox dvs」が、Pioneer DJのプロフェッショナルDJ / クラブ向け2ch DJミキサー「DJM-S9」に対応したのもポイントだ。

アップデートした「rekordbox dj」または「rekordbox dvs」と「DJM-S9」を接続するだけで、「MAGVEL FADER PRO」での快適なスクラッチパフォーマンスや、「DJM-S9」でレバーを倒すことによる直感的な演奏が可能なエフェクトなどを実現。

DJ交代がスムーズに行える2つのUSBサウンドカードなども搭載しており、クラブの常設機材としても最適なDJミキサーに仕上がっているようだ。今まで以上にオリジナリティーのあるDJプレイを追求したい人におすすめかもしれない。(Mr. Fox)

「DDJ-XP1」商品ページ https://www.pioneerdj.com/ … /ddj-xp1/black/overview/
rekordboxTM Ver.5.0 https://rekordbox.com/

商品プロモーションYouTube動画

https://youtu.be/61EQCrAEg_E

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。