体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大物歌手も! ビルボードライブトーキョーが10周年

大物歌手も! ビルボードライブトーキョーが10周年
J-WAVEで放送中の番組「MUSIC HUB」(ナビゲーター:小袋成彬)。9月22日(土)のオンエアでは、今年10周年を迎えた「Billboard Live Tokyo」をテーマにお送りしました。

Billboard Live Tokyoは六本木・東京ミッドタウンの4階にあるクラブ&レストラン。8月に10周年を迎えたということで、この10年を小袋自身の思い出とともに振り返りました。

「すごいキレイなんです。まず一番の特徴が、ステージとお客さんの距離がめちゃくちゃ近いんですよね。昔、桑田佳祐さんがやってましたよね。映像を見たんですけど、そういう日本の中でもビッグなアーティストがあえて選んだりします」(小袋、以下同)

もちろん日本人だけでなく海外のアーティストもライブを行っています。「後ろがガラス張りで、ニューヨークのタイムズスクエアみたいな感じなんですよ。見た目的には」

また、冬になるとミッドタウンの裏の通りがとてもキレイに見えるというBillboard Live Tokyo。小袋が初めて会場に行ったのはイギリスのエレクトロ・デュオ・HONNEが来日したときだそうです。

そんなBillboard Live Tokyoで一番最初にライブを行ったのは、Steely Dan。一番ライブをやった本数が多いのは、ソウル・コーラス・グループ のThe Stylisticsで、なんと227本! 「すげぇな俺、人生で227本もライブしたことないのに…」と小袋も驚き。ちなみに日本人だと、98本で古内東子さんだそうです。

「Billboard Live Tokyoって、僕は勝手に“ジャズバコ”っていうイメージがあったんですけど、そんなこともないんですね…。けっこう新しいというか、ロックバンドのボーカルだけ来たりとかけっこうありますし」と、今ではほかと比べても挑戦的なラインナップのイメージになったようです。

オンエア中、自身のことを「出不精」と言い表した小袋。好きなアーティストが来日してもライブに行こうとはなかなかならないそうですが、そんな小袋が、もしBillboard Live Tokyoに来たら行きたい、というアーティストがAntony & the Johnsonsなのだとか。まだBillboard Live Tokyoではライブをしたことがないようなので、ライブが実現するといいですね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「MUSIC HUB」
放送日時:毎週金曜 25時30分−26時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc0/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。