ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

北朝鮮の”衛星”打ち上げ 日本政府の発表まで40分以上かかった理由とは

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
左から、司会の増子瑞穂氏、軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏、コリア国際研究所所長の朴斗鎮氏

 北朝鮮は2012年4月13日、かねてから予告していた”人工衛星”と称する物体の打ち上げに事実上失敗。同国の国営メディアも「発射失敗」を公式に報道するなど、北朝鮮国内では”異例”の事態が起こっている。同日夜のニコニコ生放送の特番では、軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏とコリア国際研究所所長の朴斗鎮(パク・トジン)氏らにより、今回の一連の騒動が世界に与える影響と、今後の北朝鮮の動向についての議論が行われた。

■トラブルによる「自爆」の可能性も

 黒井氏によると、今回発射された”人工衛星”を搭載したとされているロケットは、アメリカなど西側諸国では『テポドン2号の改良型』と呼ばれているものであるという。

「基本的には中距離弾道(ミサイル)弾の部類に入るもので、弾頭の代わりに人工衛星(と称されるもの)を載せたため、軍事的には打ち上げ用のロケットである」

 また、朴氏によると、今回のロケット打ち上げには「数億ドル」もの巨額の費用が投入されており、「この金で食糧を買えば、(北朝鮮国民のうち)1500万人が1年間食べられる」という報道があったそうだ。

 しかしロケットは、打ち上げから約80秒後に海洋上に墜落したと見られている。これについて、黒井氏は、

「いろいろな解析を見てみないと分からないが、考えられることとしては、(三段式ロケットの)一段目の二段目の移行段階にトラブルがあり、自爆コマンドを押したのではないか」

との見方を示しつつも、元のロケットに引火して爆発したという可能性も含め、現段階では失敗の原因を特定することは難しいと話した。

■金正恩(キム・ジョンウン)体制に「大きな打撃」!?

 朴氏は、今回の北朝鮮による一連の軍事的挑発行動について、故・金正日(キム・ジョンイル)氏の「遺訓」とされている先軍政治・先軍路線(すべてにおいて軍事を優先する政治・考え方)が大きく影響しているのではないかと指摘する。朴氏は、

「『ミサイル』というのは、『核』とセットになったときに威力を発揮するもの。『ミサイル』を打ち上げ、成功させるということは、(金正日体制からの)政治路線の継承でもあり、『強盛大国』への新しい指導者(金正恩氏)をアピールする狙いがある」

と述べ、今回の”失敗”は、北朝鮮の現・金正恩体制にとって「非常に打撃が大きい」との認識を示した。また、同国の朝鮮中央通信が、”失敗”について初めて公式に報道したことも異例であるとし、故・金正日氏が日本人の拉致を正式に認め、謝罪した際の報道に匹敵する内容であるとの見解を述べた。

■「一番のミス」は日本の危機管理

 今回の衛星打ち上げについて、同日午前7時39分の発射直後、いち早くその事実を世界に公表した韓国、アメリカ両政府に対して、日本政府はそれらの情報を「未確認である」として当初は否定し、さらには発射事実の公式見解を発表するまでに40分以上の時間を費やした。

「日本政府の昔からのクセで、確認をしないと(事実を)言えない。中途半端な状況で言ったときに、あとで誰かが責任を問われることもあるため、完全に(事実が)確認されないと(発言が)できない」(黒井氏)

 また朴氏は、外交面からこの問題について言及し、

「(衛星が発射された)直後に情報を流すべきだった。韓国政府が(発射を)『確認された』と言っているのに、(日本政府は発射を)『確認されていない』ということになれば、米国、韓国、日本の連携は一体どうなっているのかということになり、(相互に)不信がうまれる」

と述べた。朴氏は、アメリカ・韓国と日本との間で情報共有が機能していなかったと指摘し、「一番のミステイクである」と日本政府の対応を酷評した。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]黒田氏による衛星ロケットの解説から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv89093227?po=newsgetnews&ref=news#12:45

(内田智隆)

【関連記事】
北朝鮮が「飛翔体」発射、「衛星」称するミサイルか 日本政府発表(8時55分更新)
「韓国政府、SNS怖かったのでは」 ”金正日萌え”ツイート逮捕者の友人語る
“金正日萌え”青年 獄中から大統領に手紙を出していた
金総書記の告別式 朝鮮中央テレビは号泣する人々の姿を伝える
金正日総書記死去で起こる”最悪のシナリオ”とは!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。