体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

山口智充の「徹底的に旅したい街」は?

山口智充の「徹底的に旅したい街」は?
J-WAVEで放送中の番組「TOYOTA DRIVE IN JAPAN」(ナビゲーター:山口智充・浦浜アリサ)。9月のテーマは「下町ドライブ」ということで、9月22日のオンエアでは谷中銀座商店街を探索しました。

食べ物屋さんのすぐ隣に洋服屋さんがあったりと、とにかくいろいろなお店が立ち並ぶ谷中銀座商店街は、全長170メートルほど。およそ70軒のお店が並んでいます。

山口は谷中銀座に来たときには必ず挨拶に行くお店があるそう。

「一度、ロケでお邪魔させていただいたんですけども、そこの女将さんとご主人が非常にいい人で。そこにアリちゃんを連れて行きたくて」(山口、以下同)

そのお店は…「濱松屋はきもの店」。2人がお店に入ると、女将さんが元気よく迎えてくださいました。山口とこのお店は、もう長いお付き合いだそうで、その長さを物語るエピソードも。

「初めて来た時は(女将さんの)お腹が大きくって、次に来た時に(お子さんが)産まれてて」と山口。そのお子さんは今や8歳だそう。「歴史を感じますね」と浦浜も感動していました。

谷中銀座商店街はメインの通りだけではなく、路地にもお店があります。

「それが気になるわけですよ。だからそこから奥に行くと、そのまた奥に、何かを発見して、結局メインの通りからかなり逸れても、ずっと何かあるという界隈なんです。だから毎回発見があるんですね」

「一度、時間がある時に徹底的に旅したい!」と、この土地への思いを語る山口。うなぎ屋さん、和食器屋さん、バッグ屋さん…と、移動中も気になるお店がたくさんあったようで、2人は大はしゃぎでした。

谷中銀座商店街を後にして、続いて2人が訪れたのは浅草。車を降りて立ち寄ったのはバッティングセンターです。挑戦した浦浜は、バットで球を打つ快音を聞かせてくれました。

「しっかりしたフォームでカッコよかったですね。身長がありますから、当たった時にカッコいいんですよね」と浦浜のバッティングを絶賛した山口。さて、その山口のバッティングはどうなのでしょう…? その結果は次週に報告! ということなので、ぜひ9月29日も続けて番組をチェックしてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「TOYOTA DRIVE IN JAPAN」
放送日時:毎週金曜 16時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/driveinjapan/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。