体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どんどん増える子どもの絵や工作、どうしたらいい?思い出に残る作品の飾り方と残し方のコツ

どんどん増える子どもの絵や工作、どうしたらいい?思い出に残る作品の飾り方と残し方のコツ

子どもの成長とともに増えるのが、学校や幼稚園・保育園から持ち帰った絵や工作。母の日や誕生日などに「これ、ママ(パパ)に」と描いた絵をプレゼントしてくれることもあるでしょう。一生懸命つくってくれた作品だから素敵に飾ってあげたいと思いながらも、飾る場所に悩んだり、時間がなくてそのままにしてしまったり。

そこで、ライフオーガナイザーとして、整理収納サービス「Standard+」を運営する吉川圭子さんに子どもの作品のおしゃれな飾り方と残し方を教えてもらいました。三姉妹を育てるママでもある吉川さんが、実際にご自宅でお子さんの作品をどう飾られているのかもご紹介します。

展示スペースを固定して子どものアートギャラリーに

子どもの作品を飾るときに、まず決めたいのは「どこに飾るか」ということ。

「絵や工作を家のあらゆるところに飾ってしまうと、雑然として落ち着かない印象になってしまいがち。リビングにするか子ども部屋にするか、また、もしリビングに飾るならどこにするかといったことを子どもと相談しながら決めましょう」(吉川さん、以下同)

壁に貼る場合、マスキングテープで展示スペースを囲ったり、コルクボードを掛けたりして場所を明確にするのがポイントとのこと。工作など立体的な物も同様で、どの棚に置くかを決めたうえで、クロスを敷くかトレーを置くと展示スペースが分かりやすくなります。

吉川さんによれば、場所を決めたほうが特別感があって、子どもは喜ぶのだとか。「◯◯ちゃんのアートギャラリー」などのプレートを貼れば、気分は一層盛り上がりそうです。【画像1】吉川さんのご自宅。工作類はあちこちに飾らずに、展示コーナーを決めてまとめて飾っている。ランチョンマットやセンタークロスなどを敷くとスペース分けが明確に(写真撮影/上島寿子)

【画像1】吉川さんのご自宅。工作類はあちこちに飾らずに、展示コーナーを決めてまとめて飾っている。ランチョンマットやセンタークロスなどを敷くとスペース分けが明確に(写真撮影/上島寿子)

フォトフレームや麻ひもなどの小物を使ってすてきに演出

飾るスペースを決めたら、次は作品選び。

「どの作品を飾るかも、親子で相談しながら決めるとよいでしょう。子どもの自信作とママ推薦の作品を織り交ぜて、コーナーに収まる点数を選んでいきます。レイアウトを子どもと一緒に考えるのも楽しいですよ。すべては飾れないので、季節ごとに入れ替えるなどルールを決めておきましょう」

絵を飾るときにはカラフルな画びょうやマスキングテープでかわいく演出。小さい絵は色紙に貼ったり、フォトフレームに入れたりしても印象が変化します。

「麻ひもなどでつるして飾るのもオススメです。絵のほかに、折り紙や小さな工作をつるしてもかわいいですよね」

麻ひもにクリップをつければ小さな絵などがまとめて掛けられて、作品の替えも簡単。クリップ付きのワイヤーロープを使えば、さらに手軽です。一方、棚に工作を飾る場合には小物と一緒に飾るなどちょっとの工夫で雰囲気がよくなるそう。ただ置くのでなく、インテリアとしても見映えがするように考えるのがポイントといえそうです。【画像2】左:お気に入りの絵はフォトフレームに。立てかけられるので、工作品と一緒に棚に飾ることもできます。右:色紙に小さな絵や折り紙を貼って、折り紙などでかわいくデコレーション。小物と一緒に飾るとお部屋のインテリアになります(画像提供/Standard+) 【画像2】左:お気に入りの絵はフォトフレームに。立てかけられるので、工作品と一緒に棚に飾ることもできます。右:色紙に小さな絵や折り紙を貼って、折り紙などでかわいくデコレーション。小物と一緒に飾るとお部屋のインテリアになります(画像提供/Standard+)【画像3】麻ひもはクリップで吊るすほかに、直接、ヒモに貼り付けてもかわいく飾れます(画像提供/Standard+)
1 2 3 4次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。