体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【沿線調査】~京成本線沿線の住み心地~ 空港だけじゃない! 穴場スポットが多く混雑が少ない

【沿線調査】~京成本線沿線の住み心地~ 空港だけじゃない! 穴場スポットが多く混雑が少ない

京成上野駅から成田空港駅までを結ぶ京成本線。お盆の帰省や家族旅行などで利用したことのある人もいるのでは? 空港に直結というのももちろん便利だが、途中には京成津田沼駅や京成船橋駅などの大きな駅もあり、“千葉県民の足”的存在だ。では、そんな沿線に住む人たちは、その住み心地をどう感じているのか。京成本線沿線に住むユーザー150人を対象にアンケート調査を実施し、ユーザーの本音を探った。

混雑が少なく座れる頻度が高い!? 家賃・物価の安さもユーザーお墨付き

京成本線は、文字通り東 “京” と “成” 田(千葉県)を結ぶ路線。京成電鉄のスカイライナーに乗れば、最短36分(日暮里駅から空港第2ビル駅まで)で、IC利用時は2465円。しかし京成本線の特急に乗れば、京成上野駅から成田空港まで約1時間20分ほどかかるが、料金は半分以下の1025円(IC利用時)だ。乗車運賃の安さやその輸送スピードの速さが上位に来ることが予想されるが、ユーザーが思う、沿線の好きなところ・気に入っているところは?

●好きなところ(複数回答)

1位:どこに行くにも便利(50.4%)

2位:家賃や物価が安い(30.7%)

3位:座れる頻度が高い(25.5%)

4位:ほかの沿線に乗り換えしやすい(24.8%)

5位:乗車運賃が安い(24.1%)

6位:ラッシュ時も混雑が少ない(23.4%)

7位:遅延が少ない(19.7%)

8位:運行本数が多い(16.1%)

9位:走行中の景色が好き(10.2%)

10位:好きな駅やスポットがたくさんある(6.6%)

「どこに行くにも便利」の項目が50.4%で第1位となりユーザーからは「空港へも行きやすいし、東京にも出やすい」(37歳・男性)、「JR線にも、東京メトロ線にもアクセスしやすい」(33歳・女性)などの意見が挙がった。予想通りの結果といえばそうなのだが、今回SUUMOジャーナルが調査した15路線で比較すると全体で最下位。最もポイントが高かったJR山手線の93.2%には遠く及ばない。

それとは逆に、「ラッシュ時の混雑が少ない」の項目は15路線の中で最もポイントが高く、20%を超えたのは京成本線のみ。「ほかの沿線に比べると、通勤は多少楽だと思う」(46歳・男性)や「通勤に便利であり、JR線ほどの混雑がない」(37歳・女性)、「座れる確率が高い」(50歳・男性)といったコメントが多く見受けられた。通勤や通学時の混雑は、多くの人がストレスに感じてしまうもの。そのストレスが軽減されるということだけでも、ユーザーには大きなメリットとなるだろう。

また、「座れる頻度が高い」の項目では、6位「ラッシュ時も混雑が少ない」と絡んでくるようで、「混雑していないから座れる頻度が高いと思う」(51歳・女性)、「いつも座れて混みあってイヤな思いをしたことはない」(65歳・女性)、「子連れなので、座れると安全だし、助かる」(29歳・女性)など、特に女性からの意見が多かった。

さらに、2位「家賃や物価が安い」は15路線中3位、続く「座れる頻度が高い」の項目も15路線中2位となかなかの高評価。コメントでも、「家賃や物価が安い」では、「以前住んでいた何カ所かに比べ、食料品など物価が安い」(68歳・男性)、「物価が安く、利便性もさほど悪くない」(60歳・男性)といった意見が散見された。

「京成線最強説」は本当だった!? 一方「設備面」では不満も……

一方で、「ここだけは改善してほしい」と感じているところはないものだろうか? そこで、続けて「今住んでいる沿線で、もう少し改善されると良いのに…と思うところはどこですか?」と質問。TOP10は以下のような結果になった。

●改善してほしいところ(複数回答)

1位:あてはまるものはない(26.0%)

2位:ほかの線との乗り換えが不便・面倒(20.0%)

2位:運行本数が少ない(20.0%)

2位:駅やホーム、トイレが清潔ではない(20.0%)

5位:乗車運賃が高い(18.0%)

6位:終電が早いもしくは始発が遅い(17.3%)

7位:駅のエレベーターやエスカレーターが少ない(15.3%)

8位:通勤ラッシュ時の混雑が激しい(12.0%)

9位:乗客のマナーが悪い(11.3%)

10位:車両内が汚い(6.7%)

1位が「あてはまるものはない」であることから、なんとなく不満が少ないように感じるが、コメントを見てみるとそうでもないようだ。いくつかの項目をピックアップして紹介しよう。

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy