体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Bentham小関「全ての楽器でカッコイイ音が出せる」

Bentham小関「全ての楽器でカッコイイ音が出せる」
J-WAVEで放送中の番組「THE KINGS PLACE」(木曜担当ナビゲーター:Bentham)。9月21日(木)のオンエアでは、リスナーからの質問にメンバーが答えました。

紹介したのは「僕はスマホアプリとかではなくラジオでラジオを聞くことにこだわっています、独特のノイズが好きなんです。皆さんも楽器や機材のこだりがあると思いますが、『ここがこだわっているポイントだ!』というのが知りたいです」というメッセージ。

小関:僕は全ての楽器でカッコイイ音が出せると信じ込んでいるので、テクニックは必要ないです。
:いや、練習してください!
小関:カッコイイ音がでると思ってやると出るんですよ。自分が「いいな」「カッコイイ」と思う楽器を使うこと。レビューとかも参考にはするけど、情報に踊らされない。

:私は電気にこだわってます。音をつくる時、家庭用の電気からも引いてくるわけよ。レコーディングスタジオばっかりでやるわけではないから。そのときに、電気をクリーンにして、それをさらに「パワーサプライ」という、エフェクターとかに電気を供給するものに送る。その供給の電圧が、使い始めの電池と同じくらい強い機材を俺は使ってます。歪みとかのノリが全然変わるから。もうバッキバキの、ノッリノリよ。ブイッブイよ。

鈴木:俺もこだわりがあるんだけど、「自分の好きな音とバンドの混ざった音は違うな」っていうことで、結構古めの音が好きなんですけど、新しいものも取り入れるようにしている。パキッと出すとこは出して、温かみあるところはある感じにしています。

小関:須田は、あれがあるじゃん。
須田:自分はオリジナルのギター作ってますから。やっぱりボディーとかも自分で一緒に引いて、ヘッドの形とかも一緒に“かたちづくって”…
一同:…“かたちづくって”(笑)?
須田:(笑)。音も、ピックアップを既存のものじゃなくて手巻きで作って。あと、暗いところでも光るようになってる。
小関:ちょっと中二っぽい。
須田:ポジションマークの指板じゃない方にね。だからみなさんにはわからない。
鈴木:江戸っ子だ!

ちらほら「?」な発言も飛び出しましたが(笑)、強い気持ちや機材へのマニアックなこだわりなど、それぞれの個性や性格が垣間見えるトークとなりました!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「THE KINGS PLACE」
放送日時:月・火・水・木曜 26時−27時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。