体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気著者が語る、ベストセラーを生み出す戦略とは?

 出版界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』!
 第39回の今回は、新刊『一瞬で夢がかなう!「人生のシナリオ」を書き換える法』を刊行したクリス岡崎さんです。
 日本における自己啓発・コーチングの第一人者であるクリスさんが本を書き始めた理由や新刊で伝えたいこと、またクリスさんの活動の先にある大きな夢とは何なのか?などなど、幅広くお話を伺ってきました。

■「難しいことを小学生でも面白いようにアプリケーション化するのが僕の役目
―クリス岡崎さんといえば日本の自己啓発の第一人者であり『億万長者専門学校』などの著書で知られていますが、クリスさんが本を書くようになったきっかけを教えていただけますか?

クリス(以下敬称略) 「僕は子どもの頃から本は大好きで、ものすごい量を読んでいたんだ。中学生の時にチャレンジしたのが1日1冊読むっていうやつ。3年間で1000冊読もうと思っていたね。図書館やら本屋さんやら、1000冊目指して読んでたよ」

―当時はどのような本を読んでいましたか?

クリス 「小説とか物語が多かったね!名作文学といわれるものはほとんど読んだし、高校に入ってからは政治の本だったり主義哲学に関するものや宗教関連の本も読んだよ。歴史の本も読んだね。ビジネス書は読んでいなかったけど、何かのノウハウについて書かれた本は割と好きで読んでいたね」

―著書を見ても、物語性を意識されていることが感じられますよね。最初から最後までの流れが物語的というか。

クリス 「あ、本当?そこらへんは本を書く前にずいぶん勉強したよ!
僕はアンソニー・ロビンスのセミナーがきっかけになって、セミナーってものにたくさん行くようになったんだけど、そこでノートを取る時に、ただ黒板の文字を書き写すのではなくて、どんな構成でセミナーが作られているのか、何が何に繋がるのか、掴みがあって、引き込みがあって、最後に全体をさらってくるというような全体の流れ、僕は“セミナー・ダイヤグラム”って呼んでるんだけど、その流れを意識していたね。
でも、ハリウッド映画の作り方とか、脚本の書き方なんかのセミナーはたくさんあるし、本も出ているから、勉強すればかなりの人は商業的に使えるストーリーを書けるんじゃないかな!名作は作れないかもしれないけど」

―「幸せなお金持ちになる方法」という内容を書いているにしても、クリスさんほどエンターテインメントとして読めるように書いている方って今までいらっしゃらなかったと思うんですよね。

クリス 「いやぁ、うれしいなあ!やっぱり僕はアンソニーから学んだということもあって、哲学とか大学の教授が語るような難しいこと、最新の学術発見などを、小学生が聞いても面白くて、さらに使えるようにするっていうフィルターの部分、難しい概念とか考え方を単純なアプリケーションにすることが僕の仕事だと思ってるんだ!
経済とか法律とか、難しい考え方や概念はたくさんあるけど、小学生でも楽しんで聞けるようなものにしないといけないよね。そういうのが役割だと思ってるよ」

―『億万長者専門学校』に限らず、クリスさんは多くのベストセラー著書をお持ちですが、ご自身の書籍がこれほど様々な人に受け入れられている理由も、難しいことがわかりやすく書かれている点にあるのでしょうか。

クリス 「僕が日本でセミナーを始めた時、出版社の方から本を出すお話をいただいて、“やったー!夢が叶ったぞー!”って喜んだんだよ。いつかは本を書く人になりたいと思っていたからね。それで話を進めていくうちに5社くらいの出版社から声がかかって、もう有頂天だよね!それだけでもう本を書いた気分になっちゃった(笑)
でもね、それからいろんな方と話して“ちょっと待てよ、日本では年間に7〜8万冊の本が出て、その中で10万部売れる本なんてそんなにない。書店に行けば過去に出た本もあるわけだから、一般の人から見たら10万部売れた本はざらにあるかもしれないけど、実際はその年に出た本の0.1%くらいのもので、よほどのベストセラーじゃないと本屋さんに並ばないんだ!”って気づいたんだよね。
よく考えてみると、僕は本屋さんに置いてある本を書く人になりたかったんだ。それに気づいた瞬間にハードルがものすごく上がったよね」

1 2次のページ
エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。