体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

母になった包容力も伺える、クールで攻撃的かつクセの強い復帰作 / 『ダブル・ダッチェス』ファーギー(Album Review)

母になった包容力も伺える、クールで攻撃的かつクセの強い復帰作 / 『ダブル・ダッチェス』ファーギー(Album Review)

 ブラック・アイド・ピーズの紅一点・ファーギーのセカンド・アルバム『ダブル・ダッチェス』(Double Dutchess)が、ようやく完成した。

 本作は、2006年9月にリリースしたソロ・デビュー作『ザ・ダッチェス』から、何と11年振りとなるスタジオ・アルバム。その間には、ブラック・アイド・ピーズとして「ブン・ブン・パウ」や「アイ・ガッタ・フィーリング」(2009年)などの全米No.1ヒットを連発し、グループとしての活躍を経て、2014年に再びソロ活動を始動させた。

 本作からの1stシングル「L.A. ラヴ (ララ)」は、マライア・キャリーとの共演が話題となった、米カリフォルニア州コンプトン出身のラッパー、YGをゲストに迎えたエレホップ・チューン。ソロ・デビュー曲「ロンドン・ブリッジ」のような、ラップと歌を絡めたファーギーらしいナンバーだ。

 2年のブランクを空け、2016年7月にリリースした2ndシングル「ミルフ・マネー」も、ラップを全面に押し出したエレクトロ・ヒップホップ。この曲は、ニッキー・ミナージュの大ヒット曲「アナコンダ」(2015年)をプロデュースしたポロウ・ダ・ドンとの共作で、本作には彼以外にも、ブラック・アイド・ピーズやウィル・アイ・アムのソロ・アルバムなどを担当したキース・ハリスや、DJマスタードなど、人気ヒップホップ・アーティストを手がけるプロデューサーたちが、制作陣にクレジットされている。

 この先行シングル2曲をはじめ、アルバム冒頭の「ハングリーfeat.リック・ロス」や、ピアノの低音をアクセントにした、重量感のある「ライク・イット・エイント・ナッティン」、最新シングルの「ユー・オールレディ・ノウfeat.ニッキー・ミナージュ」など、ファーギーの巧みなラップが光るヒップホップ色の強いナンバーが、本作のメインではあるが、アルバムからの3rdシングルとしてリリースされた「ライフ・ゴーズ・オン」など、随所に配置したメロウも優秀。

 特にすばらしいのが、自身最大のヒット曲「ビッグ・ガールズ・ドント・クライ」(2007年)を下敷きにしたような、アコースティック・ソウル「セイヴ・イット・ティル・モーニング」。今後シングル・カットされるのではないか…というほど、曲の完成度が高い。その他にも、諭すように丁寧に歌う「ア・リトル・ワーク」や、アルバムのラストを飾る、熱の入ったバラード曲「ラヴ・イズ・ペイン」など、ファーギーの歌唱力が活かされたメロウ・チューンに酔いしれる。前作と明確に違うのは、母になった包容力が歌に表れていることだろう。

 2013年に出産した長男=アクセル・ジャック君がフィーチャリング・ゲストとして参加した「アンシャンテ(カリーヌ) 」では、自身初のトロピカル・ハウスに挑戦。ファーギーのパワフルなボーカルを抑え、曲に合うようにライトな歌い回しにしているところがいい。ジャスティン・トランターが手掛けた、UKガラージっぽい「テンション」や、ブラック・アイド・ピーズを意識したレゲエ・チューン「ラヴ・イズ・ブラインド」など、バラエティに富んだナンバーも収録。奇抜なメイクで睨みつけるジャケット・アートのイメージ通り、デビュー作よりもクールで攻撃的、且つクセの強いアルバムになった。

 「ディディー・ゾーン」、「クレオパトラ」の2曲のボーナストラックが収録される国内盤は、2017年10月18日に発売予定。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『ダブル・ダッチェス』
ファーギー
2017/9/22 RELEASE

関連記事リンク(外部サイト)

ファーギーとジョシュ・デュアメルが離婚を公表
ファーギー、ニッキー・ミナージュをフィーチャーした新曲のMVをドロップ
ついにファーギーが本格始動! 11年ぶりのニューAL収録の新曲2曲に迫る(Song Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。