体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サカナクション×NHKが世界初の試み! 幕張ライブを8K映像22.2ch立体音響で番組化

サカナクション×NHKが世界初の試み! 幕張ライブを8K映像22.2ch立体音響で番組化

 サカナクションが、2017年9月30日と10月1日に幕張メッセ国際展示場ホール9-11で開催する【sakanaction SAKANAQUARIUM2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around】。この模様をNHKが8K映像22.2ch立体音響で収録し、番組にすることが発表された。

 この公演は2013年アルバム『sakanaction』のリリースツアーでのアリーナ公演にて世界初の試みとして導入した「6.1サラウンドシステム」を再び導入するもので、ライブエンターテイメントシーンにおいて最も画期的なサウンド体験ができる注目のライブ。前回に続き、最先端のエンタテインメント体験を実現する技術を提供し続け、グローバルに高く評価されているドルビーラボラトリーズの特別協力のもと開催に至っている。

 この最高水準の音楽体験を、今回は最先端のデジタルメディア技術によって収録。8Kスーパーハイビジョンの映像は、現在放送されているハイビジョンの16倍にあたる3300万画素の超高精細映像で、22.2マルチチャンネルはこれまでにない立体的で迫力のある臨場感を体験できる音響となっている。

 過去にもサカナクションはNHKエンタープライズ、NHKメディアテクノロジーが手掛けた最新鋭のデジタルメディア技術・8K3D映像&22.2ch立体音響を駆使した、世界初の8K:VR作品『Aoi -碧- サカナクション』で大きな話題を呼んだが、2万人以上のオーディエンスが参加する大規模なロックコンサートを8K22.2chでライブ収録し、番組にするのは世界初の試みとなる。

 なお、チケットは両日ソールドアウト。8Kでの放送は2017年12月以降に行われる予定。現在8K番組はスーパーハイビジョン試験放送で、全国のNHKに設置された専用受信機などで楽しむことができる。

◎山口一郎(サカナクション)-コメント
リスナーの皆さんに新しい音楽体験をして頂きたいという思いで始まった6.1chサラウンドライブ。今回、このライブを最高水準の映像と音響で収録し、リスナーに追体験できる環境をくださったNHKのスタッフの皆さんに感謝いたします。

◎原田秀樹(NHKプロデューサー)-コメント
演出・音響・照明など細部にこだわったサカナクションならではのコンサートの世界観を、8K映像/22.2ch音響という環境でコンテンツ化する今回のプロジェクト。他のアーティストにさきがけて、ライブ番組のまったく新しい可能性を切り拓いていただきます!

◎公演情報
【SAKANAQUARIUM2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around】
09月30日(土)16:30/18:00幕張メッセ国際展示場ホール9-11
10月01日(日)16:30/18:00幕張メッセ国際展示場ホール9-11
※両日ソールドアウト

関連記事リンク(外部サイト)

サカナクション山口一郎とガチで討論「日本のヒットチャートに違和感を感じるか?」パネラー募集
サカナクション、月面レースの応援曲「SORATO」MV解禁
サカナクション/銀杏BOYZ/CORNELIUSら出演【SWEET LOVE SHOWER 2017 】2日目レポ

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。