体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トレンドのハロウィン仮装グッズはココでゲットせよ!

今年のハロウィンのコスチュームはもう決まった?どうせ仮装するなら、毎年同じではなく、今年らしいトレンドを取り入れたいもの。そこで、ハロウィン仮装グッズを揃えている店舗を編集部がチェックした。“自分らしい仮装”にこだわって、2017年の思い出の一つにしよう。ハロウィン直前になると売り切れ続出なので、気になったら早めにお店へGO!


1.ドン・キホーテ
最初にチェックしたのは、やはり“ハロウィン仮装といえば”のドン・キホーテ。お店によると、毎年定番人気の魔女やポリスなどのコスチュームのほか、映画公開で人気急上昇中のミニオンズのコスチュームが大注目なのだとか。そして、同店の今年一番のオススメアイテムは、真っ白なコスチュームが特長の「ホワイトアウト」シリーズ。女の子らしい可愛らしさもある上に、暗闇の中、白いコスチュームでパレードすれば、注目度も抜群だ。参考価格3980円(税抜)。


2.PLAZA/MINiPLA
次は、ディスプレイも可愛らしい、PLAZAとMINiPLA。今年のトレンドはキャラクターコスチュームだそう!スーパーマリオブラザーズのサングラスやケアベアのぬいぐるみ型帽子など、ちょこっとプラスするだけで、仮装が楽しめるアイテムが揃っているのがウレシイ。かわいい仮装が手軽にできるので、友達とおそろいでの集団仮装にもオススメ!(上の写真は、「ミニオンズ帽子」1580円、「ゴーグル」1350円。いずれも税抜)


3.ヴィレッジヴァンガードオンライン
フェミニンな仮装をしたいなら、こんなコスチュームはいかが?現在、「ヴィレッジヴァンガードオンラインで予約受付中なのが、この、「うさぎになれるルームウェア」。ルームウエアにも使える超あったか素材で、カワイイ“うさ耳”と、“赤リボン”がポイント。皆で騒ぐのがハロウィンの楽しみとはいえ、何も笑いを取りにいく仮装である必要はなし!特に気になるカレも参加するなら、より女の子らしくフェミニンに攻めてみるのもよいのでは?価格は、8618円(税込)。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy