体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

同じ質問に答える二人の女性、子を想う二人が最後にあふれる涙とは……!?

 

「幸せを実感した瞬間は?」「初めて赤ちゃんに触れた時、何を思いますか?」「赤ちゃんとの生活は想像できますか?」

 

そんな質問が続き、お腹の大きい妊婦の女性と、子育てを終えた女性がカットバックで交互に映る。二人の女性は、こうした質問に似たような回答を重ね合わせるが、中盤で徐々に違う答えが出始める……。

 

この動画は、ミキハウス出産準備サイト(http://baby.mikihouse.co.jp/)を体現したムービー。「実は妊婦の母も、同じような不安を感じながら妊娠、出産を経験し、我が子へのさまざまな想い、願い、期待とともに、母として成長してきた」と同社が伝えるように、母親になる女性と、母を経験した女性の二人がカットバックする構成になっている。

 

それぞれの不安と期待、その結末は……!?

 

今回の動画を公開した背景や想いについて、ミキハウスブランドなどを手がける三起商行は、こう伝えている。

 

「出産を控えた妊婦さんは、我が子の誕生を楽しみにしているいっぽう、『ちゃんと生み、育てられるだろうか』という不安な気持ちを抱えている人もいる。しかし、妊婦の母親も、実は過去に同じような不安を感じながら妊娠、出産を経験し、我が子へのさまざまな想い、願い、期待を抱いて、母として成長してきた」(三起商行)

 

「出産をひかえ、母になろうとするいま、一生懸命育ててくれた母への感謝の気持ち、自分に注いでくれた『母の愛』を、次は我が子にも注ぎたい、そんな妊婦の想いを表現。『これから生まれてくる赤ちゃんとママと、家族の毎日があたたかな愛情に包まれていてほしい』という、わたしたちの願いを込めて」(同)

 

この動画タイトルが「愛は続く vol.1」とあるように、2作目、3作目と続くもよう。カットバックのリズム感と、最後のグッとくるオチに、期待してみて。

 赤ちゃんとママ
Fujisan.co.jpより

関連記事リンク(外部サイト)

【夏休み中】子どもにイライラ!?元教師が教える「子供のしかり方」
これでスッキリ!挙式の不安解消のカギは相談相手にあった⁈
デンタル保育という新しい価値~待機児童を減らす新しいアイディア〜
旅先で【危険】な虫から子供を守る!プロに聞く虫除け対策
電子黒板でうける授業は面白い?使いこなせないと無用の長物?広がるデジタル授業。

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。