体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジェニファー・ローレンス、『ゴシップガール』セリーナ役のオーディションを受けていた事が明らかに

ジェニファー・ローレンス、『ゴシップガール』セリーナ役のオーディションを受けていた事が明らかに

オスカーの受賞者であり、来年1月19日に日本で公開予定の映画『マザー!』では主演を務める、ジェニファー・ローレンス。そんな活躍中の彼女が、ブレイク・ライブリーが演じた米人気ドラマ『ゴシップガール』の主人公セリーナ・ヴァンダーウッドセン役のオーディションを受け、落選していたことが分かった。

ゴシップガールの製作総指揮を務めたジョシュ・シュワルツ氏は、映画情報サイト『VULTURE』のインタビューで次のように明かしている。「僕らも最近になって知ったんだけど、ジェニファー・ローレンスがセリーナ役を熱望して、オーディションを受けていたそうだ。第三者から聞いた話なんだけどね。正式なオーディションを受けて落ちたっていう話だけど、相当がっかりしたそうだ」

シュワルツ氏は、ジェニファーのオーディション現場に居合わせたかどうか定かではないようだ。「見たかどうかも覚えていない。10年も前のことだし、15歳? 確かそれくらいだったはずだからね」。ちなみに、実際はジェニファーが16歳、ブレイクは19歳だったようだ。

ジェニファーは結局この役を掴めなかったわけだが、数年後、『ウィンターズ・ボーン』の主演を務めることになる。この役で彼女は初めてオスカーにノミネートされたのだった。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

リンダ・ハミルトンが『ターミネーター』シリーズ最新作に出演!
モーガン・フリーマンとトミー・リー・ジョーンズがコメディ映画で共演!
エミー賞にノミネートされたことのない意外なTVスターたち
ハリソン・フォード、『ブレードランナー 2049』撮影中のハプニングを明かす
本日公開!映画『エイリアン:コヴェナント』を観る前に知っておきたい6つの事(後編)

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。