体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

比之葉ラプソディ 第2話「……ブウウ――ンンンン……」|履歴小説

比之葉ラプソディ 履歴小説 第二話 比之葉ラプソディ 履歴小説

カツセマサヒコ、品田遊、ジョイマン高木、夏生さえり、比之葉ラプソディ。5人の作家・クリエイターが、同じ3枚の履歴書から妄想を膨らませて、それぞれの物語を綴る「履歴小説」。

第2話のお題は、高円寺在住、浦部真鈴(19)の履歴書。urabemarin_rireksho※クリックで拡大

書き手は、謎の新人作家、比之葉ラプソディでお送りします。

 

比之葉ラプソディ 第2話「……ブウウ――ンンンン……」

 

…………ブウウ――――――ンンン――――――ンンンン………………。

これはわたしの好きな小説の書き出しだ。擬音だけなのに混沌とした世界の不条理さが伝わってくる。そして今、わたしの頭の中にもその音が鳴り響いていた。

「誕生日だからってさ、別に特別なことなんてしないでいいんだよ」

寒空の下、紺のPコートを羽織った祐介君が言う。空気はひどく乾燥し、冷たい風が頬を冷却していく。わたしは「いやいやいや」と言葉を返してみたが、彼はニタリと笑うだけで、それ以上何も言わない。ただ口から出る白い息を眺めては、夜の高円寺を歩き続けた。

わたしは誕生日が苦手だった。自分の誕生日は周りからどれだけ愛されているかが計られてしまうようで怖いし、恋人の誕生日であれば、わたしの想いを試されているような気がして仕方ない。特別なことはしなくていい、なんて言われても、何かしなければ彼女失格。そんな強迫観念にかられていた。

12月2日。彼の誕生日まで、あと2日。どんなお祝いをすべきか思いつかずに苦しんでいたわたしは、アルバイト先の楽器屋の店長にアドバイスを求めることにした。

「そんなのカンタンじゃん。手紙だよ、手紙。俺もそうだけどさ、男はみんなロマンチストだから、手紙をもらった日にゃあグッと来ちゃうよね」

「そんなもんですかね」

「そんなもん。あ、でも文章は短めにね。長いと重いって思われちゃうから。あと、ちょっとしたワンアイテムのプレゼントも忘れずに!」

手紙とワンアイテム…。そういえば、祐介君は鍵を生身でポケットに入れていたのを思い出した。手紙とキーケースを贈ろう。2日前のギリギリではあったが、なんとか喜んでもらえそうなアイデアが出てホッと胸を撫で下ろした。

「最近誰かにつけられてる気がするんだけど…」

「ストーカー?…大丈夫。何があっても俺が守ってみせるから」

怯えるわたしに、祐介君はそう答えてキスをした。キスを終えると、彼は彼の下唇を吸いながら照れ笑いした。

「これ昔からの癖なんだよね」

そう言って少年のような笑みでこちらを見つめてくる。時折無邪気で、時折男らしくて、いつでも優しくて。彼のことを日に日に好きになっている自分がいた。

誕生日のお祝いはうまくいった。高級レストランを予約したわけでも、高価なものをあげたわけでもなかったけれど、わたしの家で手紙とキーケースをプレゼントし、小さなケーキと手づくりのオムライスを振る舞って、祐介君はえらく喜んでいた。それ以来、わたしたちの関係はより親密なものになっていた。とても幸せだった。

それなのに、なんでストーカーに遭わなければならないんだろう。こんなに幸せなのに。飽き性のわたしが、ずっと好きでいられそうな人を見つけられたのに。誰が邪魔しようとしているの?

答え、というか、答えのようなものがわかりかけたのは12月11日のことだった。誰がつけてきているのか、その正体を明らかにするために、わたしはデジタル一眼カメラを首からぶら下げて高円寺の街を歩いた。怪しい人がいたらズームして、気づかれないように遠くから写真を撮る作戦だ。

1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。