体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

品田遊 第2話「書くほどのこと」|履歴小説

品田遊 履歴小説 第二話 品田遊 履歴小説 第二話

カツセマサヒコ、品田遊、ジョイマン高木、夏生さえり、比之葉ラプソディ。5人の作家・クリエイターが、同じ3枚の履歴書から妄想を膨らませて、それぞれの物語を綴る「履歴小説」。

第2話のお題は、高円寺在住、浦部真鈴(19)の履歴書。urabemarin_rireksho※クリックで拡大

 

書き手は、「ダ・ヴィンチ・恐山」としても活動する小説家、品田遊でお送りします。

 

品田遊 第2話「書くほどのこと」

 

「その履歴書に書くか検討してやめたことを可能なら教えてください」

バイト面接時、志望者に必ず投げかけるこの質問は、私のお気に入りだった。

きっかけはテレビで目にした心理テストだ。「異性に求める条件を3つ答えて」という質問をすると、3つ目の答えこそが本当に異性に対して求める条件になるという。

これまでにオーナーとして百人以上のバイト採用面接を経験してきた私は、面接にもこれが応用できると直感した。そして例の質問を考えだしたのだ。

「書くのをやめたこと、ですか……」

机を挟んで向かいに座る若い女性は首を少しひねって考え込んだ。この質問をされた者は、みな同じように戸惑う。

「すみません。それをお聞きになるのはなぜでしょうか?」

しかし、目の前の女性、浦部真鈴は私の目を見て質問を返してきた。こういうとき、疑問を言葉にできる人間は少ない。私は彼女の態度に好感を覚えた。

「履歴書には、浦部さんという人の全てが書かれているわけではありませんよね。胸を張って言えることよりも、言うかどうか悩むようなことが本人の持ち味だったりするわけです。もちろん、差支えがあれば言わなくても結構ですよ。合否にも関係ありませんから」

話を聞きながら浦部真鈴は真顔でふんふんと頷き、何かを決意したような顔をして、口を開いた。

「たしか、履歴書には『0から何かを生み出すことが得意』と書きましたが……。あれは、あまり正確ではありません」

「どういうことでしょうか?」

「『0から何かを生み出す』というのは少し大げさでした。実際には、完全な0からは生み出せません。それに、生み出せるものの種類にも限りがあります」

思ったより抽象的な話が飛び出してきた。浦部真鈴という娘、なかなか掴みどころがない。

「面白いですね。具体的に言うとどういうことですか?」

「はい。私が生み出せるのは化合物の中でも単純なものばかりなんです。水とかアンモニアは簡単に作れますが、たとえばデンプンのようなものは難しいです」

「……デンプン?」

これは、掴みどころがない、と言えるのか。

「意味がわからない」と言うべきではないか。

この女は急に何を言いだしたのだろう。

私が理解に苦しんでいると、浦部真鈴は慌てて頭を下げて謝った。

「あ、すいません。わけわかんないですよね。あのう、つまり、こういうことです」

品田遊 履歴小説 第二話

 

彼女は右手を上向きに開いて、胸の前で水平にかざした。すると、彼女の手のひらからまるで間欠泉のように大量の水がボコボコと吹き出し、溢れ、リノリウムの床に水溜まりを作った。

1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。