体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏生さえり 第2話「生まれ変わりたい〜志望動機は恋にある〜」|履歴小説

夏生さえり 履歴小説 第二話

カツセマサヒコ、品田遊、ジョイマン高木、夏生さえり、比之葉ラプソディ。5人の作家・クリエイターが、同じ3枚の履歴書から妄想を膨らませて、それぞれの物語を綴る「履歴小説」。

第2話のお題は、高円寺在住、浦部真鈴(19)の履歴書。urabemarin_rireksho※クリックで拡大

 

書き手は、妄想ツイートで人気を博す、夏生さえりでお送りします。

 

夏生さえり 第2話「生まれ変わりたい〜志望動機は恋にある〜」

 

浦部真鈴は、いままさに恋によって変わろうとしていた。

また続かなかった。真鈴はガードレールによりかかって、うろこ雲を見上げていた。

「またダメだった」

友人にLINEを送ると「また彼氏?」と返ってくる。そうです、“また”彼氏です。だって。と真鈴は続けて考える。だって、ダサいズボン履いてたんだもん。

カバンの中に残っているさっき買ったカルピスのことが頭をかすめたが、自販機で新しいジュースを購入する。さっきのはカルピス。今飲みたいのはポカリ。

気づくと口ずさんでいる『Hey Jude』は15歳年上の彼氏が出来た時に「きみのことを思うとこの歌を歌ってしまう」と、ギターと一緒に教えて貰ったものだ。それが奔放な彼女への嫌味を含んだ言葉であったことを彼女はまだ知らない。

大学を辞めるのは、男と別れるのと同じくらい簡単だった。きちんと理由を説明して、きっぱりとした態度で結論を言う。親が怒ってくる時間は反省しているふりをして、一息ついて自分の思いを打ち明ける。こうして説得さえしてしまえば、あとは紙切れ一枚で退学できる。いつかこんな風にして離婚するかもしれない、と思った。

何か不満があるわけでは無い。新しい勉強をするのだって嫌いじゃない。けれどだんだんと新鮮味を失っていく。魚や肉が鮮度が大事なように、恋愛だって勉強だって最初だけがたのしくてあとはつまらなっていく一方じゃないかと思うのだ。事実、最近同級生の中でも珍しい資格を取った。それも大学で出会った先輩のおかげだったが、恋愛がつまらなくなるにしたがって、資格も意味を持たなくなった。

「そんなこといってたら何も得られないじゃん」と説教してくる友人は多くいた。

「でもさ、世の中には触れても触れきれないほどの新しいものがあるんだよ? 一個を続けてたら、他のことができないじゃん。でもこうやって飽き性の人が何か続けられることがあったらさぁ、それってもう一生かけて大事にできそうな気がしない? 希少価値っていうか」

早口でこう答えると、彼らは口をつぐむ。きっと心の中で言いたいことは山ほどあるのだろうなと思っているが、聞こえなければそれらは無いも同然だ。

帰りの電車で、先日買った本を取り出して読んだ。読み終わると、真鈴は一番気に入ったセリフが書いてあるページをもう一度開き、ビリリとちぎりとる。それは中学生の頃からの癖だった。一番好きなところだけ取っておけたら、あとは読み返すこともないと気づいて、習慣になった。

その日も真鈴は好きなページを引きちぎって、本はホームの公衆電話の隣に差し込んだ。なぜかゴミ箱に捨てるのは心苦しくて、いつもここに置き去りにしてしまう。

夏生さえり 履歴小説 第二話
1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy