体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

WANIMA、ドラマ『刑事ゆがみ』主題歌を書き下ろし!

WANIMAの新曲「ヒューマン」がフジテレビ系木曜劇場『刑事ゆがみ』の主題歌に決定した。ドラマ主題歌の書き下ろしを初めて担当したWANIMAだが、本楽曲は厳しい現実にもがき苦しみながらも、真実や正義を追い求め続け、前を向こうとする“人間模様”や“男の生き様”がダイレクトに描かれており、WANIMAの音楽の世界観により一層深みを与える、まさに新境地とも言える作品に仕上がっている。
WANIMA、新ビジュアル!? (okmusic UP's)

また、この主題歌解禁に合わせて新ビジュアル写真も解禁された。本ドラマのメインビジュアルポスターと同じ場所,構図の中で撮影され、KENTA (Vo&Ba), KO-SHIN (Gu&Cho)の満面の笑みと、警察手帳の中に真顔で映っているFUJI (Dr&Cho)との対比がシュールで、WANIMAのユーモアが詰まった内容になっている。

なお、木曜劇場『刑事ゆがみ』は初回15分拡大で10月12日(木)から放送開始となる。
【コメント】

■WANIMA KENTA

「初のドラマ主題歌とても嬉しく思います‼終わりのない道のりに答えられない事ばかりですが“シビれるような明日を”最後にたぐり寄せて…。沢山の方々に届くことを願っております‼刑事ゆがみ開催しまーす‼」

■ドラマプロデューサー・藤野良太(フジテレビ第一制作室)

「『刑事ゆがみ』のコンセプトは“遊び心”と“挑戦心”。浅野忠信さんに民放初主演ドラマをやっていただくのもそうですし、主題歌にもそのコンセプトに沿うアーティストに頼みたいと考えていました。WANIMAさんに主題歌をお願いしたのは、もちろん元々彼らの楽曲のファンであったというのと同時に、WANIMAさんにとってこれが初めてのドラマ主題歌であるということに大きな魅力を感じました。WANIMAさんにとって、ドラマの世界観をイメージして楽曲を制作するのは初めてのことで、そこに新しいWANIMAさんの楽曲が生まれる可能性があることに、1ファンとして、ドラマプロデューサーとしてワクワクしてしまいました。出来上がった楽曲はこれまでのWANIMAさんと、これからのWANIMAさんを繋ぐ楽曲になったのではないかと思っています。WANIMAスピリッツに溢れながら、どこか新しいWANIMAを感じることができ、そしてもちろんドラマの世界観にピッタリの楽曲が出来上がりました。皆様にドラマと共に楽曲をお届けするのが楽しみです。ご期待下さい‼」
木曜劇場『刑事ゆがみ』
10月12日放送開始(初回15分拡大)

毎週(木)午後10時~10時54分

<出演者>

浅野忠信 神木隆之介 仁科 貴 橋本 淳・稲森いずみ 他
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。