体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

親が亡くなってからでは遅い?相続問題をフィナンシャル・デザイン株式会社 井元章二氏に聞く

『相続』。それは誰かの子供として生まれたからには、将来必ず訪れる、い や、もしかしたら明日にでも直面するかも知れない…人生の一大事。

 

「まだ、若いから関係ない」「うち、財産ないし」などと思っていると、いざというときに、とんでもない損をすると、1級ファイナンシャルプランニング 技能士で相続診断士の井元章二氏は警告します。

 

『相続』は、親が亡くなってから考えるものではない? -誰しもが避けては通 れない『相続』のあれこれについて井元氏に伺いました。

 

『相続』はライフプランニングの要

 

ファイナンシャルプランナーは、お客さまの人生設計の観点から、資産の防衛やリスクの早期発見や対策を考える専門家。貯蓄、投資、保険、年金、税金、 不動産、相続などについて長期的かつ総合的な視点でさまざまなアドバイスや資産設計を行います。なかでも『相続』はとても身近で重大なことです。親が亡くなる、離婚する など、環境が変化しない限り深く考えないかも知れませんが、相続を抜きにして人生設計をたてることは出来ません。

 

我々、ファイナンシャルプランナーは資産設計のご相談を受けるなかで、相続に関係する重大な問題や課題をたびたび発見します。

 

よくある例が、祖父母の代から土地の名義が変更されてないなど、不動産に関係するものです。名義を書き換えず放置すれば相続権利者が増えて、どなたが 相続するにせよ、相続するのに大変な労力が必要になります。このような問題 は、親が亡くなって初めて気がつくことが多いのですが、相談者にとって現在進行形の問題であり資産運用の大きな障害になります。

 

資産の病巣を見つける、人間ドッグのようなもの

 

弊社(フィナンシャル・デザイン株式会社)では、まずは無料でコンサルティ ングをおこなっています。ファイナンシャルプランなど、なんとなく敷居が高 い気がして相談しづらいと思う方が少なからずおられるからです。難しく考えることはありません。わたし達は人間ドッグに通いますよ ね? それと良く似た感じで人生の青写真を描いたり予測したりすることが大切 なのです。

 

例えば、人間ドッグに行って重大な病巣が見つかったとします。そこで初めて専門医に相談し入院や手術をおこないますよね。問題がはっきりしないのに入院や手術をすることはないでしょう? また、緊急性がなくても、尿酸値や血圧が高めと診断されれば、将来の健康リスクを回避するために生活習慣を改め ます。

 

それと同じことで、資産運営に関して重大な問題が見つかれば、我々は、その問題に一番適した公認会計士さんや弁護士さんをご紹介しますし、不安要素や課題を見つければ、回避できるようにアドバイスします。

 

フィナンシャルプランナーの強みは、幅広くご相談を聞いて最適なライフプラ ンを設計することです。専門家は、専門外の事についてあまり考えません。弁護士さんは弁護士さんの視点で、公認会計士さんは公認会計士さんの専門分野の範囲で問題を解決しようとしますから、それが必ずしもベストな解決方法と は限らない場合もあります。

 

いちど相続で揉めると、戻れない

ダイヤモンドZAi(ザイ)2014-12-20 発売号
Fujisan.co.jpより

 

相続診断士20年以上の経験から申し上げると、残念ながら『相続』で揉める と、どんなに仲の良かったご兄弟や親戚でも元の関係に戻ることはありませ ん。意地や欲などの感情が入り乱れて修復不可能になってしまいます。信じられないかも知れませんが、たった100万円ですら揉めてしまうのです。 例え兄弟同士で決着がついても配偶者が関わると話が複雑になる。つまり、相続は親と子供だけの話でなく、あらゆる人に関係するものだということです。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy