体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ボリューミーでご飯に合う、ショウガの効いた山賊焼

9月21日放送の「秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系、午後21時00分~)では、長野県民が熱愛しているグルメ「山賊焼」について取り上げたコーナーの中で、「百老亭」(長野県松本市)が紹介された。

長野県・松本市の中でも地元に愛される山賊焼が人気だというこちらの中華料理店。
取材班が訪れた際、既にランチタイムの店内は満席となっていた。

こちらの人気メニュー「山賊焼定食」(平日900円/土日祝1,150円)に使用している鶏肉は、なんと300g!
「山賊焼定食」の山賊焼には、味をしみ込みやすくさせるため観音開きに切って平らにした大ぶりの鶏もも肉を使用。地元信州の醤油・日本酒・すり下ろしニンニク・ニンニクの2倍のショウガを使ったつけダレに1時間ほど漬け込み、片栗粉をまぶしてさらに一晩じっくりと寝かせる。翌日もう一度片栗粉を付けてから高温でカラッと揚げて完成だ。
通常の唐揚げよりも長い時間漬け込むため、肉の中にタレの味がより染みこみ味もマイルドになるのだという。

大ボリュームのお肉を頬張り、女性客は「しあわせ~」と微笑んだ。
老若男女問わずご飯と共にかきこむように「山賊焼」を頬張る来店客たち。
「唐揚げや竜田揚げとは違うのか?」という取材班の疑問に、男性客らは「もう全然!別物ですね!」と即答した。
「山賊焼は山賊焼!唐揚げとは別のジャンル!」と力説し「ニンニクとか醤油とかショウガとかも効いていて味が濃いんですよ!」「衣サクサクで、お肉がジューシー」「他の竜田揚げとかと比べて、ご飯食べるなら山賊焼ですね!」と説明してくれた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:百老亭(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:松本のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:中華のお店紹介
ぐるなび検索:松本×中華のお店一覧
香辛料際立つ!絶品ハンバーグが食べられる、少し変わったお店
寿司とイタリアンを同時に味わえるお店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。