体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【魔法少女になり隊】 “え、こういうバンドなの!?”って思うような いろんな爆弾を詰めてます(笑)

魔法少女になり隊がついに1stフルアルバムを発売! 彼女たちを知っている人にも知らない人にもバンドの魅力を余すところなく伝える大傑作で、♪テレレレッテッテ〜とバンドの確実なレベルアップを告げる音が鳴り響くかのようだ。
写真上より時計回り、gari(VJ&Vo)、火寺バジル(Vo)、明治(Gu)、ウイ・ビトン(Gu) (okmusic UP's)
──『魔法少女になり隊~まだ知らぬ勇者たちへ~』が完成しましたね。1stアルバムとしては申し分のない作品ではないでしょうか。
バジル
「やったぁ!(笑)」
ウイ
「マスタリングが終わって通して聴いた時にすげぇボリューム感だなと思いました。もちろん楽曲も全部好きだし、“何かベストアルバムみたいになったな”という感覚がありますね。」
明治
「私も“文句なし”だと思います。アルバムを出すまで結構時間が空いたんですけど、その中でいろいろと積み重ねてきたアイデアとか、やりたかったことをいい状態でかたちにできたなと思いますね。」
バジル
「出来上がったパッケージを見せてもらって、これが本当に店頭に並ぶって考えたら、自分でも“ちょっと何それ!?”って思っちゃう感じで(笑)。お客さんの反応が早く見たいですね。今まで私たちの名前くらい聞いたことがある人たちってまぁまぁいると思うんですけど、そういう人たちが“え、こういうバンドなの!?”って思うような、いろんな爆弾を詰めてますから(笑)。」
gari
「最初にアルバムを作る時に決めたのは“ゲームを作ろう”という感覚で、それを軸に発展させていって。いろんな曲が入っているし、ジャケットにもトラックの並べ方にもいろんなものを詰め込んでいったんですけど、本当にやりたいことができたと思いますし、自分たちが詰め込んだ要素を感じ取ってほしいなと思います。」
──今、火寺さんがおっしゃったように、魔法少女になり隊(以下、ましょ隊)を少しだけ知っている人にも分かりやすくバンド像が提示されていますし、ましょ隊を知っているファンに向けてしっかりと新しいものも見せていますから、1stとしてはベターと言えるでしょう。実質上のオープニングナンバーであるM2「完全無敵のぶっとバスターX」からましょ隊の音楽性が分かりやすく示されていますね。
gari
「この曲は今の魔法少女になり隊と、僕たちのルーツみたいなものも表せているし、名刺的に音楽性がすごく分かりやすく伝わるトラックですね。」
──ゲーム音楽的なイントロから、A、A’はラウドに展開。Bメロはアイドルソング風で、サビはアニソン風と、これまでましょ隊が提示してきた音楽を実に上手く構成していますよね。
バジル
「しかも、今まで観てくれていたお客さんは、イントロの時点では“いつもの感じね”って思うと思うんですけど、Aメロはそこをはるかに裏切ってラップという(笑)。メチャクチャ新しいことに挑戦しているんで、びっくりする人もいると思うし、そこは強いエッセンスになっているんじゃないかな。」
ウイ
「メンバー感がちゃんと見えるような、立体的な音作りを目指したところはあります。音を聴いただけでどういう構成なのかが分かるような主張は意識しましたね。」
──新しいと言えば、中盤の2曲、M7「first star」とM8「ヒトリ サク ラジオ」に注目が集まるのではないでしょうか? 
ウイ
「「first star」はバンドを結成して間もない時からある古い曲で、ライヴでも馴染みのある曲だし、リリースするタイミングをどうしようかと迷っていたんです。“いい曲だからシングルにするか?”という話も出たりしたんですけど、ライヴで元気に盛り上げるという俺らのスタイルからすると、聴かせる感じの「first star」をリードトラックにするのは、今はちょっと違うのかもしれないと。だから、アルバムを機にやっと音源として発表できた感じですね。」
明治
「満を持して…ですね。」
──満を持して…はM8「ヒトリ サク ラジオ」もそうで。メインヴォーカルは明治さん…最終兵器を出してきましたね(笑)。
全員
「ははははは。」
明治
「客観的に考えると、突拍子もないですよね(苦笑)。」
バジル
「今まで聴いてきた人は“えーっ!?”って感じで、びっくりだろうね。」
ウイ
「喜びの声が上がるんじゃないかな。」
明治
「…だといいんですけど、歌もそうですし、共作ですけど作詞作曲も初めてやってみたんです。」
──サビメロとコード感がとてもいい具合です。
ウイ
「最初はもっとシンプルで洋楽チックなコード進行だったんですけど、僕はJ-POPが好きだったりするから、“もっとドラマチックにやれる!”というところで試行錯誤してこのコード感に辿り着いて。でも、それも明治がいいメロディーを書いてきてくれたからこそだとは思いますね。」
明治
「良かった。このテンポ感の曲って今までなかったんで、“このテンポでこのサビを作ったんで、ここから広げてください”って持って行ったんです(笑)。」
──そんなふうに協力して曲作りができたのはバンドらしいし、ましょ隊がレベルアップした証拠ではないんですか?
明治
「あ、それはそうかもしれないですね!」
ウイ
「うん。これによって、この先の可能性も生まれたしね。」
──で、中盤のミディアムでしっとりと終わることなく、M9「Call me From Hell」から最後までアップになっていく様子は“やっぱりましょ隊はこれだよね”といった印象です。
gari
「流れをちゃんと作らないとって思ったんです。「Call me From Hell」は昔ライヴのSEに使っていた曲で、中身のない曲だったんですけど(笑)、この流れで聴いた時にやっと意味を持たせられたような気はします。」
明治
「あそこはゲームでのセーブポイントっぽいよね。」
gari
「あぁ(笑)。ライヴで言うと、あそこから“後半戦”みたいな感じになっていますよね。」
バジル
「ライヴのセットリストを組むみたいに曲順を考えたんで、多分そういうところが出ているんだと思います。」
取材:帆苅智之
アルバム『魔法少女になり隊~まだ知らぬ勇者たちへ~』
2017年9月27日発売

Sony Music Records

【完全無敵の初回盤X(DVD付)】

SRCL-9525~6 ¥3,703(税抜)

※全国TOURチケット先行チラシ封入

※ゲームソフト仕様スペシャルパッケージ

【通常盤】(CD)

SRCL-9527 ¥2,685(税抜)

※初回仕様限定盤:全国TOURチケット先行チラシ封入

※BONUS TRACK「冒険の書1-album ver.-」収録
『魔法少女になり隊 ワンマンツアー~まだ知らぬ勇者たちへ~』
12/08(金) 福岡・LIVE HOUSE CB

12/10(日) 石川・金沢vanvan V4

12/15(金) 北海道・札幌cube garden

12/17(日) 宮城・仙台MACANA

[ 2018年 ]

1/20(土) 大阪・梅田Shangri-La

1/21(日) 愛知・名古屋Electric Lady Land

1/28(日) 東京・渋谷TSUTAYA O-EAST
魔法少女になり隊
マホウショウジョニナリタイ:2014年結成。火寺バジルが魔女にかけられた呪いをとくために歌という魔法を使って冒険している、ラウドでポップでファンタジーなRPG系バンド。14年8月、ロッキング・オンが主催するオーディション『RO69JACK 2014』で優勝。15年には各地の新人イベントや夏フェス、サーキットイベントに出演。16年9月、シングル「KI-RA-RI」でメジャーという新たなステージへ!

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。