体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今話題の逆輸入アート女子、ミラノを拠点に活躍する刀根里衣とは?

今話題の逆輸入アート女子、ミラノを拠点に活躍する刀根里衣とは?

逆輸入女子といえば、台湾と日本で活躍するモデルで女優の池端レイナ様、そして、ドラマ『貴族探偵』に出演、話題になった台湾を活動の拠点として活躍する女優、田中千絵様でございます。そして今、アートの分野で注目集めている逆輸入女子がいらっしゃいます。その方こそ、刀根理衣様でございます。

 

近年、海外で絵本作家として認められた後、日本で絵本を出版する逆輸入型日本人アーティストが増えておりますが、刀根さまもその中のお一人でございます。

 

刀根さまは2010年、製作した絵本のサンプルが、ボローニャ児童書ブックフェアの会場でイタリア人編集者の目にとまり、翌年、絵本作家としてデビュー。それを機にイタリアに渡り、ミラノを拠点に創作活動を行っておられます。

 

2013年には、ボローニャ児童書ブックフェアの原画展において国際イラストレーション賞を受賞、その受賞作を絵本化したのが「El viaje de PIPO」でございます。こちら、日本でも2014年に「ぴっぽのたび」として出版されております。

 


ぴっぽのたび 単行本 – 2014/11/6
amazon.co.jpより

「ぴっぽのたび」(作:刀根 里衣)

 

当初、刀根様の作品は絵もストーリーも大人向きなので、日本では難しいのでは…と思われていたものの、30代の女性が読むファッション雑誌などにも取り上げられ、刊行から半年で5回も増刷を重ねるという絵本では異例の売り上げを記録。

 

その後、2匹のネコを主人公にしたハートフルな絵本 「Dove batte il cuore」(「きみへのおくりもの」)、イタリアデビュー作「Questo posso falro」(「なんにもできなかったとり」)など、日本語版が日本で出版されております。

 

ちなみに、刀根様の人気は、日本だけではなく世界中で高く、ボローニャ児童書ブックフェアでは毎年サイン会を開催、いつも長蛇の列に。パリやミラノでのサイン会も大盛況とのこと。

 

そんななか刀根様の新作が先日、出版されました。しかし、ただの新刊ではございません。作絵の絵本で日本オリジナルの絵本は、この本が“初”でございます。

 


コリスくんのかみひこうき 大型本 – 2017/9/12
amazon.co.jpより

「コリスくんのかみひこうき」(作:刀根 里衣)

 

記念すべき日本発の作品は、紙飛行機を作るのが大好きなコリスくんの物語でございます。

 

ちなみに、最新刊「コリスくんのかみひこうき」の刊行を記念して、9月28日、絵本ファンの聖地、神保町にあるブックハウスカフェで帰国中の刀根様のトークイベントが開催されるとか…。興味のある方は、こちらも是非チェックしてみてくださいませ。

(文:N田N昌)

関連記事リンク(外部サイト)

この夏話題の「おさるのジョージ」原作絵本を読む前に必ず知っておくべきこと
今、注目の切り絵アーティストは、世界で活躍する絵本作家「たけうちちひろ」
最後の最後まで気を抜いてはいけない3冊の”衝撃”裏表紙絵本
「水曜日のカンパネラ」が好きな人は絶対好きな“一人称絵本”「桃太郎が語る桃太郎」
お化けと幽霊の違いとは…大人が読むべき上質なお化け絵本の新定番!

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。