体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

好みの機能をプラスできる「スマートコンセント」。

好みの機能をプラスできる「スマートコンセント」。

なるほど。デッドスペースは、ここにもあったか。目から鱗が落ちた。

その場所とは、コンセントとコンセントの間のスペース。そんな壁コンセントの真ん中をモジュール型にして、様々な機能をプラスできるようにしたのが「Swidget」。

差しこむだけで、「USBポート」「モーションセンサー」「セキュリティカメラ」「ナイトライト」「赤外線コントロール」「ワイレレス電源オン・オフコントロール」「スピーカー」「アロマテラピー」などに変化するのだそうだ。

スマートフォンから
遠隔操作ができる

好みの機能をプラスできる「スマートコンセント」。

スマートフォンから家電を遠隔操作するスマートホーム。近年は、ますますその流れが強くなっているけど、Swidgeなら、手持ちスマホから遠隔操作やモニタリングができるのだ。

たとえば、コンセントにさしっぱなしになっている家電のオン/オフの切り替え、留守中の自宅への侵入者の察知、そして、赤ちゃんを見守るカメラ代わりにもなるとのことだ。

Kickstarterで
2倍以上の資金調達に成功

好みの機能をプラスできる「スマートコンセント」。

Swidgetは、「Kickstarter」で目標額を達成。ゴールの40,000ドル(約447万円)の2倍以上の105,886ドル(約1,181万円)を集めたようだ。それだけこの商品は革新的であり、待ち望まれていたということが分かる。

残念ながら、今回のスペックは、北アメリカ企画に準じており電圧は120V。また、現段階では、差し込むモジュールの種類も限られている。ということは、再びクラウドファウンディングされる可能性もあるってこと。その時に向けてチェックしておこう。

この記事を読んで、Swidgetの詳細が知りたくなったらこちらへ。Licensed material used with permission by Swidget

関連記事リンク(外部サイト)

【世界初】スマホ操作で、色が変わる「スマート電球」がワクワクする!
もう海外で、コンセントを「重ね付け」しない!
書いたものをそのままコピー!モレスキンから「スマートノート」が登場

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。