体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コルドバの基本情報とおすすめ観光スポットまとめ

コルドバの基本情報とおすすめ観光スポットまとめ

スペイン・マドリードの南約400kmの位置にあるコルドバ。アンダルシア州を流れる河川グワダルキビール川の中流にあるコルドバは、イスラム教・キリスト教の文化がミクスチャーされた歴史遺産や魅力的なスポットが数多く残る街です。今回はコルドバの基本情報と観光スポットについてご紹介します。

 

コルドバとは?

chocoさん(@choco_y_rose)がシェアした投稿 – 2017 8月 21 9:14午後 PDT

コルドバ(Córdoba)は、その昔、8~10世紀までイベリア半島を支配したイスラム王朝の都として栄えた街。

世界遺産に指定された「コルドバ歴史地区」、イスラム教とキリスト教のスタイルが混在する聖マリア大聖堂「メスキータ」、花で飾られた美しい住宅が建ち並ぶ「旧ユダヤ人街」など、こじんまりとした街の中に、壮大な歴史の流れを感じる観光スポットがぎゅっと詰まっています。

 

コルドバの歴史

古代ローマ時代にはローマ帝国の属州の首都として栄えていたコルドバ。5世紀には西ゴート王国に支配されたり、6世紀には東ローマ帝国の領土となったりと争いが絶えない場所でした。711年にイスラム勢力に征服され、756年に成立した「後(ほう)ウマイヤ朝」の首都となった後は「メスキータ(モスク)」を中心に、イスラム文化の都市として繁栄します。

 

その後「レコンキスタ」と呼ばれるキリスト教のイベリア半島の再征服運動により、イスラム勢力からのコルドバの奪回が成功。キリスト教は「メスキータ」の一部を壊しキリスト教の聖堂を建立したのでした。現在は、イスラムとキリスト教が混在した歴史的建造物が残る観光都市として知られています。

 

代表的なグルメ

オックステールの煮込み

Yacov,critico Gastronomicoさん(@psico_gastronomico)がシェアした投稿 – 2017 8月 27 3:45午後 PDT

「オックステールの煮込み(Rabo de toro)」は、コルドバならではの名物料理。じっくりと煮込まれた牛テールは、ほろっとやわらかく、骨からにじみ出た旨味が染み込んでいます。現地では、フライドポテトが添えられて提供されます。

 

サルモレッホ

Food & Drinkさん(@genuinexperience)がシェアした投稿 – 2017 9月 19 12:37午後 PDT

冷製トマトスープ「サルモレッホ(salmorejo)」は、コルドバを代表する料理のひとつ。「ガスパチョ」に比べるととろみが強く、トマトの酸味や旨味がしっかりと楽しめるのが特徴です。

 

フラメンキン

Antonio Cantónさん(@cantondominguez)がシェアした投稿 – 2017 5月 9 1:50午後 PDT

「フラメンキン(flamenquin)」は、豚のヒレ肉で、生ハムやゆで卵、赤ピーマンなどを巻き込んだロースカツです。カットした切り口がきれいな料理ですが、街中のバルでオーダーすると、丸ごと1本をそのまま提供されることが多いです。ワインのおつまみにおすすめですよ。

 

成田からのアクセス

成田からコルドバへは、直行便がありません。イベリア航空利用の場合、成田~マドリード間が14時間半。KLMオランダ航空・エールフランス・エミレーツ航空などを利用する場合は、ヨーロッパ内の都市で乗り継ぎ、マドリードへ飛ぶことになります。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy