体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『海の見える駅』とっておきの5選。西日本編

『海の見える駅』とっておきの5選。西日本編

WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。

前回は、村松さんおすすめの『海の見える駅』5選【東日本編】を教えてもらいました。

今回は【西日本編】!  村松さんご本人のおすすめコメントとともにどうぞ。

01.和深駅
(和歌山県/JR紀勢本線)

『海の見える駅』とっておきの5選。西日本編

和深駅は、真っ青に澄みわたった太平洋を一望できる駅です。

紀伊半島の先端で、本州の最南端でもある、和歌山県串本町にある和深駅。高台のホームからは景勝地の「枯木灘」を一望できるのですが、その青色は私の今まで見た太平洋のなかで最も澄んでいました。実は、「枯木灘」は黒潮が本州に最も近づく海域。黒潮は栄養分であるプランクトンが少ないため、透明度も高いのだそうです。

02.安和駅
(高知県/JR土讃線)

『海の見える駅』とっておきの5選。西日本編『海の見える駅』とっておきの5選。西日本編

安和駅は、ビーチの眺めを独り占めできる駅です。

待合室が置かれているだけの小さな無人駅ですが、そのすぐ眼下には、弧を描いたビーチが広がります。シュロの木も相まって、ホームに降りるとそこは南国の情緒。列車も1日に6往復半しか停まらず、人影も少ないため、ビーチを独り占めした気分に浸れます。

なお、安和駅のある土讃線は、海沿いをほとんど通りません。その分、車窓に一気に海が広がった瞬間のワクワク感もひとしお。思わず降りたくなってしまうはずです。

03.下灘駅
(愛媛県/JR予讃線)

『海の見える駅』とっておきの5選。西日本編『海の見える駅』とっておきの5選。西日本編
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy