体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

目標設定に「漠然」を持ち込んではいけない

コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第32回目は「間違った目標設定と正しい目標設定の違いとは(2)」についてです。

f:id:fujimine:20170920125847j:plain

前回、40歳で目標設定をしたことが、どんどん叶っていったというお話をしました。

夢が叶ったのは、自分の理想の一日をイメージすることがきっかけでした。

ここで大事なことは、具体的に書き出してみるということです。

ご参考までに、私が当時描いていたイメージをもう一度ご紹介します。

「朝、目覚めてメールのチェックをすると、担当者から『また増刷しました!』という連絡が入っている。執筆と講演が本業の私にとって、とてもうれしいお知らせだ。

夜はいつものように講演へ。今日は200人くらいの会場が満員御礼だとのこと。講演が始まると聴衆は真剣な眼差しで、反応もとてもいい。講演が終了すると、次々にサイン待ちの列ができた。握手をすると、口々に『今日の講演、とても感動しました!』と言ってくれる。

毎日、人の人生が変わるお手伝いができるかと思うと、とてもうれしい。充実感あふれる日々に感謝!」

このように、「将来こうなったらいいなあ」ということを、丁寧に書き出したことが、その後の人生を変えてくれました(本来はさらに詳細まで書きますが、ここでは省略したものを掲載しています)。

「イメージをより具体的にする」ところに、夢が叶う秘密が隠されています。

イメージとは視覚だけではない

あなたはイメージをするのは得意でしょうか?

「イメージするのが苦手です」とおっしゃる方に確認すると、「成功している状況を描けない。うまくいっているときの絵がなかなか想像できない」とのこと。

つまり、イメージ力というと、視覚イメージのことを指すと思い込んでいるようです。

NLP心理学では、「すべてのことは五感で表現できる」といいます。過去も現在も未来のことまで、すべてあなたの脳の中で五感を使ってイメージできるのです。

さらに、「こうなりたい」という夢や目標を視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚の五感を使ってイメージすると、潜在意識(無意識)に刻まれていくといいます。

五感を使って過去のイメージはできても、未来をイメージすることは難しいとおっしゃる方もいるかもしれません。そこで、五感を使って夢をイメージする方法をお伝えします。

将来のビジョンを五感を使ってイメージする方法とは

f:id:fujimine:20170915172433j:plain

「こうなりたい」という夢や目標を五感を使ってイメージすると、潜在意識に刻まれるという話をしてきましたが、潜在意識は、過去と現在と未来を区別できません。

どういうことかというと、まず過去に体験したことを思い浮かべてみましょう。例えば私が先日、マウイ島に行ったときのことをイメージしてみます。

青い空、コバルトブルーの海、白い砂浜が見えます。波の音が聞こえます。

ビーチではしゃぐ家族連れがいて、子供の楽しげな声が聞こえます。

熱い日差しを感じながら、ゆったりした時間を感じています。

「ああ、人生って本当に最高だなあ」と心の中でつぶやきながら、マウイ島のビーチでゆったりしています。

マウイ島のビーチにいた時に見ていたもの、聴いていたこと、身体で感じていたこと、その時の気分など、五感を使って思い出してみると、一瞬でその時の感覚がよみがえります。この時、潜在意識の中では、過去のことか、現在起きていることなのか、または未来のイメージなのか、区別がついていません。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy