体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

教育市場向けのChromebook x360を一般向けに発売、ゴリラガラスを採用!

米Googleが、教育市場向けのHP製クロームブック「x360 11 G1」を発表したのは今年3月のこと。それから半年、同製品を一般向けにも販売する。

生徒や児童に多少手荒く扱われても大丈夫なよう頑丈なつくり、それでいてインテル社の最新プロセッサーを搭載する。価格は299ドル(約3万3000円)〜とコスパ的に注目を集めそうだ。

・Gorilla glass採用

x360は子どもが学習で使用することを前提としているので、スクリーン(11.6インチ)はタッチ操作が可能。iPhoneなどでも使われているコーニング社のGorilla glassを採用し、引っかき傷などに強いのも特徴だ。

スペックはというと、RAMは4GB、ストレージは32GB。最大8GB/64GBまで拡張が可能となっている。

・最長12時間駆動

端子はUSB 3.1 Type-CとUSB 3.1 Gen 1がそれぞれ2つずつ。イヤホンジャックとマイクロSDカードスロットも搭載し、駆動時間は最長12時間となっている。

Chromebook x360はアマゾン、ウォルマート、コストコなどで販売され、299ドル~という価格も魅力的。一般消費者にも受け入れられそうだ。

Chromebook x360

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。