体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【先ヨミ】TRIGGERの1stAL『REGALITY』が現在首位 小室哲哉参加曲も話題に

【先ヨミ】TRIGGERの1stAL『REGALITY』が現在首位 小室哲哉参加曲も話題に

 今週のCDアルバム売上レポートから2017年9月18日~9月20日までの集計が明らかとなり、リズム・アクション・ゲーム『アイドリッシュセブン』よりTRIGGERの『REGALITY』が現在1位となっている。

 『REGALITY』は、『アイドリッシュセブン』に登場するグループ・TRIGGERの1stフル・アルバムで、小室哲哉が提供した楽曲「DAYBREAK INTERLUDE」を含む全11曲が収録されている。本作は初動3日間で19,337枚を売り上げており、2位以下に大きな差をつけ首位を走っている。

 2位はデビュー30周年を迎えるBUCK-TICKのオールタイム・ベスト・アルバム『CATALOGUE 1987-2016』で、3位の劇伴作家・澤野弘之によるボーカルプロジェクト“SawanoHiroyuki[nZk]”による2ndアルバム『2V-ALK』が、約500枚差と超僅差で後を追っている。4位には“アイマス”シリーズより『THE IDOLM@STER MILLION LIVE! M@STER SPARKLE 02』がチャート・イン。そして5位には、GLAYが20年前にリリースしたアルバム『BELOVED』にリミックス&リマスタリングが施された『BELOVED Anthology』が入っている。なお、2位から5位は約1,300枚差の接戦を展開しており、次週発表の週間結果では順位が入れ替わる可能性も十分にある。

◎Billboard JAPANアルバムセールス集計速報
(2017年9月18日~9月20日までの集計)
1位『REGALITY』TRIGGER 19,337枚
2位『CATALOGUE 1987-2016』BUCK-TICK 6,999枚
3位『2V-ALK』SawanoHiroyuki[nZk] 6,468枚
4位『THE IDOLM@STER MILLION LIVE! M@STER SPARKLE 02』(ゲーム・ミュージック) 5,811枚
5位『BELOVED Anthology』GLAY 5,672枚
※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

関連記事リンク(外部サイト)

アイナナ2周年記念! 小室哲哉が楽曲提供した新曲含む特別映像公開
PANDORA(小室哲哉&浅倉大介)初ライブで堂々パフォーマンス! Beverlyもサプライズ登場
小室哲哉&浅倉大介から成るPANDORA『仮面ライダービルド』主題歌でBeverlyをフィーチャー

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。