体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新人オーディションも大注目の「りんご音楽祭」って?

新人オーディションも大注目の「りんご音楽祭」って?
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「FESTIVAL LOVERS」。9月20日(水)のオンエアでは、9月23日(土)、24日(日)に長野県松本市アルプス公園で行われる「りんご音楽祭2017」を紹介しました!

りんご畑に囲まれた環境で行われるフェスで、この日はりんご音楽祭実行委員会代表、dj sleeperこと古川陽介さんにお話を伺いました。

「僕は松本出身じゃないんですが、松本がすごい好きで、大学から15年近く住んでいて、この最高な街を知ってもらいたいのと、僕の好きな音楽が次世代のポップミュージックになっていったら…という思いがあります」(古川さん、以下同)とフェス開催のきっかけを明かしてくれました。

また松本については、「松本は空気と水がきれいすぎる。僕は東京にも少し住みましたが全然駄目で…。適度に街が成り立っていて城下町がきれい。水がおいしいので食事が全部おいしい。あと、地元の店が強いので、チェーン店がつぶれてしまう」と、松本の素晴らしさを全力で語っていました。

「今年、りんご音楽祭は186組出演するんですが、150組くらいは県外の人なので交通費が大変なんです…」とフェス運営の苦労も明かす古川さん。オススメのアーティストとしては、野宮真貴さんの“渋谷系セッション”を挙げ、「エクスクルーシブなセッションが見れます、斉藤ネコさんが野宮さんの代表曲をリアレンジしてくれていて、僕も当日までどんな内容か教えてもらってません。秘密にされてるんです」とのこと。

その他にも、ニューヨークからこのために単独来日するCIBO MATTOのハトリミホ、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、MONO NO AWARE、tofubeats、Yogee New Wavesなどを見どころとして挙げました。

アーティストから逆オファーされるなど、割と飛び入りも多いというりんご音楽祭。「僕の知らいないところで、勝手においしい場面があったり、みんな勝手にやってますね。お祭りなのでなんでもやっていいので」と古川さん。今回出演のない寺岡も「勝手に行こうかな…」と話していました。

その他にも、水曜日のカンパネラ、MONO NO AWAREを輩出したライブオーディション「RINGOOO A GO-GO」も注目!

「若手がすごい伸びてて、ほぼ誰も知らないバンドが伸びてきているので、音楽業界の人には、ここで次の人を勝手にピックアップしていって欲しいですね。僕には1円も返ってきませんけど(笑)、是非羽ばたいて行って欲しい!」と熱く語っていました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。