体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マツダ、次々期アテンザのFR化を検討!?

▲当然ながら、まだ影もカタチもない次々期アテンザ。FR化も検討されており、自社の次世代クーペに加え、トヨタ車ともシャシーを共有することで実現か

▲当然ながら、まだ影もカタチもない次々期アテンザ。FR化も検討されており、自社の次世代クーペに加え、トヨタ車ともシャシーを共有することで実現か

アテンザのさらなる高級化を目指す

マツダは、2020年代の商品展開を視野に入れ、アテンザと同クラスの次世代クーペについてFR化を検討しているようだ。

FR方式を起用すると、前輪を前に出してロングノーズのプロポーションが作り出される。前輪中心からフロントドア開口線までの距離は、プレミアムディスタンスと呼ばれており、FF車とFR車の最大の違いが出せる部分でもある。

マツダが、アテンザをよりプレミアムカーとして見せたいと考えているなら、FR化は有効な手段と言えよう。

▲本編では、5代目にあたる、次々期アテンザを大胆予想したが、その前に登場する4代目アテンザも要チェック。こちらは、FF方式が踏襲されるが、次世代シャシーや圧縮着火技術採用のスカイアクティブXエンジンの完成を待って、2019年にデビューか。方向性を示唆するコンセプトカーが来月、東京モーターショー2017で出展される可能性あり

▲本編では、5代目にあたる、次々期アテンザを大胆予想したが、その前に登場する4代目アテンザも要チェック。こちらは、FF方式が踏襲されるが、次世代シャシーや圧縮着火技術採用のスカイアクティブXエンジンの完成を待って、2019年にデビューか。方向性を示唆するコンセプトカーが来月、東京モーターショー2017で出展される可能性あり

▲2012年に発売された現行アテンザは、高級感に磨きがかけられて、マツダのフラッグシップに据えられた。2014年のマイナーチェンジで、フロントマスクやインパネが変わった

▲2012年に発売された現行アテンザは、高級感に磨きがかけられて、マツダのフラッグシップに据えられた。2014年のマイナーチェンジで、フロントマスクやインパネが変わった

スカイアクティブにもうってつけのFRレイアウト

マツダが新世代商品に用いている、スカイアクティブGは、トグロを巻いたような長い排気管を、必要としている。シリンダー内の燃えかすを素早く、残さずに吐き出すことがポイントだからだ。

次世代のエンジンも吸排気系の作り込みがポイントとなるのは間違いない。マツダのエンジンは、横置きで前方吸気、後方排気なので、完全に燃えかすを吐き出すにはエンジン後方のスペースが重要になる。しかし、発想を変えて、エンジンを縦に搭載すれば、吸気系と排気系を左右に振り分けられる。結果、吸排気系のレイアウトは随分と楽になるはずだ。

もう一点、エンジン縦置きのFR方式では、エンジンとトランスミッションが直列となるため、FF方式よりも寸法の自由度が増す。トランスミッション内にモーターを組み込む次世代のハイブリッド機構は、各方面で開発されており、FRレイアウトの直4エンジンでも、モーターを組み合わせることで商品力を高めることができる。

▲2015年の東京モーターショーに出品された、RX-VISION。ロータリーエンジンの採否はともかく、クーペモデルの再投入を模索していることを暗示する役割を担っていた1台だ

▲2015年の東京モーターショーに出品された、RX-VISION。ロータリーエンジンの採否はともかく、クーペモデルの再投入を模索していることを暗示する役割を担っていた1台だ

トヨタとの資本提携が追い風となるか?

忘れてはいけないのが、トヨタとの資本提携だ。トヨタとBMWが進めるプロジェクトには、次期3シリーズも含まれており、2020年代にはここにマツダも加わる可能性がある。

将来的には、クラウンやレクサス ISといった、トヨタのFRセダンとアテンザや次世代クーペが、プラットフォームを共有する可能性すら否めない。2017年8月4日に発表された、トヨタとマツダの資本提携会見では、グローバルに商品補完の可能性を検討することも明らかにされた。これが完成車だけを意味すると思ったら大間違いだ。技術の交流やプラットフォームの相互利用も十分にあり得る。

世間では、トヨタとの資本提携に対して、悲観的な反応も見受けられるが、じつはマツダがいちだんとプレミアムテイストを高められる道筋が見えた、とも解釈できる。必ずしも、小が大の言いなりになって、巻き込まれるだけが提携ではない。

※2017年9月21日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

【SPECIFICATIONS】

■予想発表時期:2025年以降

■全長×全幅×全高:4900×1875×1450(mm)

■搭載エンジン:次世代 直4ディーゼル 他text/マガジンX編集部

photo/マガジンX編集部、マツダ

関連記事リンク(外部サイト)

’91 AUDI 100【EDGE/名車への道】
軽が欲しいなら、車内の広さを見て選ぼう【クローズアップ後編】
次期ホンダ ヴェゼルにも2モーター式ハイブリッドを採用

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。