体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カンロ健康のど飴『たたかう乳酸菌』『たたかうマヌカハニー』9/19(火)発売!冬の乾燥対策は、甘すぎないのに優しいのど飴をセレクト!

朝晩の寒暖差を肌で感じるこの季節。すでに喉の調子に異変が、という人もいるかもしれない。9月19日(火)に新発売のカンロ「健康のど飴」シリーズ『たたかう乳酸菌』『たたかうマヌカハニー』は、これから本格的に空気が乾燥する時期にぴったりのキャンディ! カンロののど飴ラインナップと共に、新商品の魅力を実際に食べてチェックしよう!

創業105年!「カンロ」はのど飴のパイオニア!

冬は咳こむ人が続出する日本列島。風邪の初期症状ともいえる喉のイガイガは、平穏な毎日を脅かす大問題だ。特にこれからやってくる秋冬は空気の乾燥によるダメージが深刻に。気軽に喉を潤せる「のど飴」は社会でたたかう人々の強い味方なのだ。

 

カンロ株式会社(東京都中野区)は1912年創業の老舗企業。100年余キャンディをつくり続け、社名にもなっている「カンロ飴」を始め、ミルクキャンディ売上No.1※「金のミルクキャンディ」や女性から圧倒的支持を集める「ピュレグミ」など様々なお菓子を世に送り出している。(※株式会社インテージSRI ミルクフレーバーキャンディ市場 2014年10月~2016年9月累計販売金額アイテムランキング) 特に「のど飴」には様々な世代・ニーズに応えられるよう幅広いラインナップがずらり。

“スース―”とした刺激を好む人には「ノンシュガースーパーメントールのど飴」、音楽大学と共同開発された”声”を守りたい人には「ボイスケアのど飴」、のど飴なのに果汁のジューシーさを楽しめる「ノンシュガー果汁のど飴」など、消費者の「今こんな飴が欲しい」という気持ちにダイレクトに応えてくれる商品が並ぶ。また、どこか懐かしい味わいの「梅のど飴」や「はちみつレモンCのど飴」も根強い人気を集めている。

 

「乳酸菌」に「マヌカハニー」、今年話題の健康成分がのど飴に!

今回注目したカンロ「健康のど飴」シリーズは1981年の発売で、今年で発売36年目を迎えるロングセラーブランド。発売以来「厳選ハーブを使用したのど飴」をコンセプトに、幅広いラインナップを展開している。2017年9月19日(火)発売の『たたかう乳酸菌』(80g・オープン価格)『たたかうマヌカハニー』(80g・オープン価格)は、今年話題になった健康成分を早くも取り入れた新商品で、従来のコンセプトに加え今年話題の健康成分をプラス。パッケージには成分の名称を全面に打ち出し、それぞれレッドとゴールドのインパクトある袋キャンディに仕上がっている。

そもそも喉のイガイガは、冬に起こりがちな菌やウイルスの侵入だけが原因ではない。もはや国民的悩みである花粉やPM2.5などの異物侵入、環境の変化やストレスによる心的要因、たばこの煙による粘膜の刺激、さらには加齢によるだ液の分泌量の減少というようにその原因は実に幅広い。私たちの喉には想像以上に負担がかかっているから、のど飴をなめて潤いを与えるのはとても大切なこと! お気に入りのキャンディを見つけて、これからの季節に備えよう。

 

3粒でシールド乳酸菌100億個!『たたかう乳酸菌』を食べてみた!

新発売の『たたかう乳酸菌』は、「たたかう」という名称にぴったりの真っ赤なパッケージで登場。29種のハーブをブレンドしたハーブエキスに加え、「シールド乳酸菌※」が配合されているらしい! ※シールド乳酸菌は、森永乳業株式会社の登録商標。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。