体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アンドラ公国の基本情報と観光スポットまとめ

アンドラ公国の基本情報と観光スポットまとめ

みなさんは「アンドラ公国」という国を知っていますか?日本では馴染みがない人がほとんどかもしれませんね。

ヨーロッパ西部に位置し、スペインとフランスの間にある「アンドラ公国」は、スキーリゾートやタックス・ヘイブン(租税回避地)で知られる小さな国家です。

今回はそんなアンドラ公国の基本情報と観光スポットをご紹介します。
 

アンドラ公国って?

Luis Monilerさん(@luismolh)がシェアした投稿 – 2017 9月 13 2:04午後 PDT

国の面積が約468㎢と小さな国土を持つアンドラ公国。ピレネー山脈の山中にあり、首都であるアンドラ・ラ・ベリャの標高は1,000mを超える場所に位置しています。標高2,943mの コマ・ペドローザを始め標高の高い山々に恵まれていることから、国内には8ヶ所のスキー場があります。

消費税なし所得税なしのタックス・ヘイブンの国としても知られているので、周辺国から買い物を楽しむために訪れる人も多いのだそうです。
 

アンドラ公国の歴史

839年ウルヘル司教に、アンドラへの教権を認め自治権を与えたことから始まったといわれています。10世紀以降はウルヘル司教とフォア伯爵の間で統治権をめぐる争いが始まりますが、1278年に両者がアンドラの共同領主となることが成立。

1993年2月にアンドラ国会で新憲法が可決され、アンドラ公国として正式に独立します。これを機会に、フランスにゆだねていた外交を自国で担当することになり、1995年10月には日本とアンドラ公国との外交関係が築かれました。
 

代表的なグルメ

トリンチャット(Trinxat)

Sonia Ferrerさん(@soniaferrerpere)がシェアした投稿 – 2017 8月 29 8:38午前 PDT

スペインのカタルーニャ地方発祥の料理「トリンチャット」は、アンドラ公国でもよく食べられています。スープで煮込んだキャベツをマッシュポテトに混ぜてオムレツ状に焼き、こんがりと焼き目をつけたベーコンをあわせる料理で、ほくほくとした焼き加減が魅力的なメニューです。

トルイテス・デ・カレロールズ(Truites de Carreroles)

Pilar Pujolsさん(@pilarineta)がシェアした投稿 – 2017 5月 28 8:06午前 PDT

バターでソテーした、たっぷりのきのこを入れて焼きあげたオムレツ「トルイテス・デ・カレロールズ」。もともとはスペイン北東部の郷土料理ですが、スペインの文化の影響を受けたアンドラ公国でもよく食べられています。きのこの香りとバターの風味がマッチした一品です。
 

アンドラ公国へのアクセス

アンドラ公国には空港がないため、近隣のフランスやスペインからバスでアクセスすることになります。フランス・トゥールーズから「NOVATEL」バス、スペイン・バルセロナから「NOVATEL」バス、または「ALSA」バスで約3時間です。

関連記事リンク(外部サイト)

ポルトガル・リスボンは可愛い街だったけど、やっぱり私は彼氏がほしい / 阿部サキソフォン
「卒業旅行にヨーロッパとか、王道すぎてつまんないでしょwww」って思ったので周遊してみた
ポルトガルの治安は?物価は?ポルトガル旅行で知っておくべき10のこと
アイルランドの「文化と自然が交わる」オススメ観光地23選

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。