体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アニメ好きが激推しする「生涯No1アニメ作品」は?

アニメ好きが激推しする「生涯No1アニメ作品」は?
9月19日(火)の「AVALON」は、お休みの河北麻友子に代わり、足立梨花のナビゲートでお送りしました。

この日は「秋の夜長に盛り上がろう!アニメプレゼン大会!」をテーマに、来年創刊40周年を迎える老舗の総合アニメ専門雑誌『月刊アニメージュ』の編集長・川井久恵さんと、アニメに詳しすぎる芸人・やさしい雨の松崎克俊さんをゲストに迎え、お話を伺いました。

松崎さんはアニメグッズを買うために借金をしたこともあるという「趣味アニメ、特技アニメ」という肩書きのアニメ好きです。

ちなみに、足立も「アニメ大好き」を公言しており、各クールの始まりには全作品を録画して確認して、3話まで全部見て、視聴継続を決めているそう(笑)。

そんな足立とゲストのお2人が、アニメについてテーマごとに本音トークを展開しました。

まずは「今のアニメ映画の盛り上がりについて」。2017年上半期の邦画興行収入1位は「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」、2位は「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」、3位は「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」とアニメ作品がTOP3を占める快挙。これに対しての感想は、「これらはファミリーで楽しめる王道アニメ」とのことで、

川井:これが日本のアニメだ、と言うと、それはそれでちょっと違う。
松崎:オタクの人が好きなヤツとちょっと違うんですよね。「君の名は。」を見に行ったら、本当にカップルばっかりで居心地が悪かった…。

との意見でした。

続いて昨今の「声優ブーム」については、「鳥海浩輔さんの声が大好きなんですよ!」という足立に川井さんも大いに賛同。「女性誌でもイケメン声優って出てきています」(川井さん)、「舞台に出て歌うのが当たり前になってきている」(松崎さん)と、ライブや舞台なども含め、声優がメジャー化しているということでした。

さらにそれぞれの「生涯No1のアニメ作品」を聞くと、松崎さんは、近年のアイドルアニメの先駆けとなった作品という「アイドルマスター」、川井さんは「かわいいは正義!」という「カードキャプターさくら」、足立は「最近でおすすめするなら、1話から衝撃だった『Re:ゼロから始める異世界生活』」と、それぞれ、ベスト作品を挙げていました。

その後も、リスナーおすすめの作品についての解説や、いい作品の見極め方など最後まで前のめり気味な熱いトークが繰り広げられました!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「AVALON」
放送日時:月・火・水・木曜 22時−23時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。