体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2017】京都の紅葉名所、全25スポット!見頃やライトアップ情報も!

駐車場/40台

「猿丸神社」の詳細はこちら

◆洛北(寂光院~かやぶきの里)

寂光院

平家物語ゆかりの尼寺。山門へ続く石段は紅葉情緒たっぷり

寂光院出典:じゃらん観光ガイド 寂光院

例年の見頃

11月中旬~12月上旬

京の山里、大原にある、聖徳太子が父、用明天皇の菩提を弔うために建立したと伝わるお寺。

代々尼僧が住職を務めていて、厳しい修業で知られる天台宗のお寺でありながら、境内はどこか柔らかい空気が流れている。山里の趣が感じられる境内には四季折々の草花が咲くが、特に晩秋の紅葉が美しい。

本堂前の門へと続く石段は紅葉のトンネルさながらとなり、訪れる人々の心を癒やしてくれる。 寂光院

TEL/075-744-3341

住所/京都市左京区大原草生町676

営業時間/9時~17時(12~2月は16時30分)※1月1日~1月3日は10時~16時

定休日/年中無休

料金/600円

アクセス/京都バス「大原」下車徒歩約15分

「寂光院」の詳細はこちら

三千院

青い苔庭に鮮やかな黄や赤の紅葉が映える絶景

三千院出典:じゃらん観光ガイド 三千院

例年の見頃

11月中旬~下旬

青苔のじゅうたんに散り落ちた赤や黄とのコントラストは一見の価値あり。境内はとても広く紅葉の散策スポットとしては最適。境内を歩いていると、各所にわらべ地蔵が置かれ、人々を暖かく迎えてくれる。

紅葉を眺めつつ門をくぐり堂内を拝観するとその奥で、紅葉に彩られた、とっておきの庭が待っている。また、もみじ祭の期間中も、通常通りお茶席が設けられているので、ゆったりとした京の紅葉を堪能することができる。三千院出典:じゃらん観光ガイド 三千院 三千院

TEL/075-744-2531

住所/京都市左京区大原来迎院町540

営業時間/8:30~17:30(受付終了17:00)

定休日/年中無休

料金/700円

アクセス/JR京都駅から大原行き京都バス約1時間「大原」下車徒歩約10分、地下鉄烏丸線国際会館駅から京都バス約20分「大原」下車徒歩約10分

駐車場/近隣の有料駐車場を利用

「三千院」の詳細はこちら

宝泉院

竹林の緑と紅葉が織り成す自然の絵画は一見の価値あり

宝泉院額縁庭園や鶴亀庭園の色づく様子が美しいと人気

例年の見頃

11月中旬~下旬

盤桓園の別名は額縁庭園。盤桓園とは立ち去りがたい庭という意味。柱と柱の間を額に見たてて観賞するのがこの庭の基本的な観賞方。

竹林と紅葉の競演を楽しみながら、お抹茶をいただくことができる。(昼間の拝観時のみ)

また、夜間拝観ではライトアップが行われ、これがまた美しい。

夜間拝観の時間は17:45~21:00(受付終了20:40)。期間についてはお問い合わせを。宝泉院出典:じゃらん観光ガイド 宝泉院 宝泉院
前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。