体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「…ええい、離婚だ離婚!」整理できない不満、気持ちの余裕ゼロ…まさかの離婚危機に!? byユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。

里帰りを終え、0歳育児まっただ中の頃。私と夫は離婚危機に直面していました。

言い出したのは私。

理由は、夫が私の生活の変化にあまり気付いていなかった(少なくともそう見えた)ことです。 前回エピソード:気分は24時間待機のビジネスマン!? 不安定な新生児の睡眠「今夜は何時間くらい眠れるだろう…?」 by ユーラシア

f:id:akasuguedi:20170912133917p:plain

出かけるとき、これまでは自分の支度だけすればよかった私が、今は自分と赤ちゃんとの二人分の用意をしていること。

眠くなっても、まずは赤ちゃんを寝かせないと眠れないこと。

朝起きたら、自分の朝ごはんよりも先に赤ちゃんに授乳をしなければいけないこと。

そういうのを「言わなくても分かって、労ってくれている」と思えなくて、言えばよかったのかもしれないけど、不満をきちんと整理して伝えるほどの余裕がなかったために、「言いたいことは色々あるけど上手くまとめられない! もうまとめるのも面倒くさい! ……ええい、離婚だ離婚!

と突っ走ってしまいました。

f:id:akasuguedi:20170912134201p:plain

思えば私も夫も育児というものをあまりに舐めすぎていたというか、事前準備が足りなかったのだなと思います。

出産前の私は、なんとなく「夫は仕事、私は家事と育児。でも育児は二人の子供のことだから、 なるべく力を合わせてやろうね」くらいに漠然と理想図を描いていました。それは今でも理想ではあるのですが、実際はこんなに綺麗に、そして簡単に分担されるものではないんですよね!

f:id:akasuguedi:20170912134336p:plain f:id:akasuguedi:20170912134538p:plain

私は実際に赤ちゃんを育ててみて、「育児舐めてたーー」と痛感しまくりましたが、夫は日中は仕事でいないし、休日も私がほとんど全てをやっていたから、いつまでも分かってくれないまま。

ここで私が冷静に理解を求めるか、夫がもう少し気にかけてくれればすぐに解決したと思うのですが、私は「覚悟が足りないまま嵐のような育児生活に入り、揉みくちゃにされて狂乱状態」、夫は「なんだかよく分からないけど、とにかく妻が荒れ狂っていてポカーン…状態」。

お互いに話が噛み合わず、分かり合えず、分かち合えず。

夫としても、ちょうど職場で人事異動などがあり(息子が生まれたのは4月でした)、腰を据えて家庭に集中するということがなかなか出来なかったようです。

結局、何だかんだと揉めている内に時間が経ち、 育児に少しずつ余裕が出てきたことで全てが丸く(?)収まりました。でも私にもう少し勢いと行動力があったら、 あるいは夫が逆ギレしたり愛想を尽かしていたら、離婚していた可能性も十二分にあったと思います。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy