体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サッカー日本代表・長谷部誠、「アエラスタイルマガジン」で引退後を語る。

 

サッカー日本代表・長谷部誠選手が、23日発売の「アエラスタイルマガジン」Vol.36の表紙に登場しました。誌面では、今までの苦難の道のりや引退後について語っています。

 

長谷部さんはインタビューで「キャプテンといえど一選手なので、別に偉いわけではないし、何か決定権があるわけでもない。そこを勘違いしちゃうとチームメイトも付いてこない。とにかく、チームメイトの意見に耳を傾けて、あとは監督と選手の間に入ってバランスを保つ役割をやっている感じです。

 

(ドイツの所属チームで干されていたとき…)こんな理不尽なことがあるのかというぐらいの状況でした。苦しんで、もがいて、どうにかしてこの苦境を耐えて忍ばなきゃいけないと思っていました。でも、サッカー選手としてやらなければならないことを続けていれば、いつか運命が自分に味方してくれると信じていました。

 

言葉に問題はあるにせよ、海外で監督をしてみたいという思いはあります。まずはドイツで免許をとりたい。(中略)監督に本当に向いているかと言われたら、自分でも正直クエッションなんです。トップより中間管理職のほうが自分は生かされる気もするし。これから考えが変わるかもしれないし。」と語ってくれました。(紙面一部抜粋)

 FOOTBALLISTA NIPPON 2012-12-24 発売号
Fujisan.co.jpより

 

長谷部さんの考える独自のリーダーとしての在り方、統率する技術など、サッカーファン以外の人にも必見の内容になっております。

 

長谷部誠選手が表紙を飾る「アエラスタイルマガジン」Vol.36は9月21日発売です。

 

関連記事リンク(外部サイト)

サッカー日本代表・宇佐美貴史選手が教えるドリブルテクニック!
CMで話題【桜井日奈子】初のサッカーユニフォーム姿にファン大興奮!
クリスマスの表参道に内田篤人が登場!「復帰まで、あとちょっと。」
クリスチアーノ・ロナウドがTATTOO(入れ墨)を入れない理由
【パラリンピックあれこれ】静寂とダイナミックプレーが魅力『ブラインドサッカー』

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。