体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

台湾と日本をコーヒーでつなぐカフェ「DOMO CAFÉ」オープン!

台湾と日本をコーヒーでつなぐカフェ「DOMO CAFÉ」オープン!
日本の旅行者にも特に人気のある旅先である「台湾」。リピーターが多い台湾ですが、ここ最近はすっかりカフェ&コーヒーブームなのだとか。この台湾と日本の両方が融合したカフェが新大久保にオープンしました!

今回は、9月19日のグランドオープンの日にお店を取材をさせていただきました。まだオープンしたてで、これから注目してほしい「DOMO CAFÉ(ドウモカフェ)を紹介したいと思います。

台湾と日本の人気カフェの共演

台湾と日本をコーヒーでつなぐカフェ「DOMO CAFÉ」オープン!
「DOMO CAFÉ」は、台湾の旅行会社から拡大し、現在は日本で宿泊施設などを経営する台湾出身のオーナーが、自身が手がける宿泊施設「DOMO 新宿」の半地下にオープンしたカフェ。

台湾と日本をコーヒーでつなぐカフェ「DOMO CAFÉ」オープン!
お店の名前の「DOMO(ドウモ)」は、様々な場面で使われていて使い勝手の良い日本語の「どうも」と、欧州における町のシンボルである教会「ドゥオモ」を合わせてつけられたとか。「迷わず指し示し、たどり着くことができる場所を作りたい」というオーナーの思いがこのお店の名前に込められています。

2つの異なる空間を持つ店内

台湾と日本をコーヒーでつなぐカフェ「DOMO CAFÉ」オープン!
「DOMO CAFÉ」は、台湾で人気のカフェ「Fika Fika Cafe(フィカフィカ カフェ)」と、京都の直焙煎珈琲のお店「カフェ・ヴェルディ」の二つが組み合わさった、日台が融合したカフェなんです。

台湾と日本をコーヒーでつなぐカフェ「DOMO CAFÉ」オープン!
「CASUAL」と「RELAX」の2つの空間に別れた店内は、建築家の佐野健太氏の手によるもの。建物の中にあった壁をうまく利用して2つの空間を作ったのだとか。中心の壁を軸に、お互いが対照的な空間になっています。

台湾と日本をコーヒーでつなぐカフェ「DOMO CAFÉ」オープン!
お一人様向けのカウンターとテーブルがメインになった「CASUAL AREA」は、お店の入口すぐのスペースにあり、気軽に入ってコーヒーをいただける雰囲気。

台湾と日本をコーヒーでつなぐカフェ「DOMO CAFÉ」オープン!
お店の壁の向こう側にある「RELAX AREA」はVIP席があり、ゆったりとした時間を過ごせるようになっています。

台湾と日本をコーヒーでつなぐカフェ「DOMO CAFÉ」オープン!
どちらにもコーヒーを淹れてくれるカウンターがあり、淹れたての美味しいコーヒをすぐにいただくことができますよ。

台湾と日本をコーヒーでつなぐカフェ「DOMO CAFÉ」オープン!
そして、カフェのロゴは台湾の人気イラストレーターのMilly(ミリー)さんが手掛けらもの。見ていただいてもわかる通り、コーヒー豆を羽にした蝶々になっているんです。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy