体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

気分によって、外の景色を変えられる家。

気分によって、外の景色を変えられる家。

何度か引越しをして、僕なりに分かったことがある。住居においては、日当たりのよさが大切だってこと。それが快適さを大きく左右するといっても過言ではないだろう。だから、僕の部屋探しの絶対条件は、日当たりのよさだ。

ところが、日当たりが悪いなら、家ごと回転させてしまえばいいという発想の建築物が登場した。この「Devon Haus」は、ボタンを押すだけで、家全体が360°回転するとのこと。

太陽を追いかけるだけでなく、気分によって外の景色を変えることもできちゃうなんて、なんとも贅沢だ。秋のこの季節なら、月見に興じるのも悪くない。

ボタンポチッで
廻る、廻る、廻る

百聞は一見にしかず。というワケで、まずは動画をチェックしてみよう。廻る、廻る、廻る…本当に家が回転する様子を眺めていると、まるでメリーゴーラウンドのように思えてくる。じつに不思議な感覚に囚われる。

■上空から

気分によって、外の景色を変えられる家。

屋根は正三角形のつくり。狙いは、採光と眺望を最大限にするためとのことだ。

■外観

気分によって、外の景色を変えられる家。 ファサードを見る限りは、いたって普通の家。これが回転するなんて、一体、誰が想像できるだろう。気分によって、外の景色を変えられる家。 家だけではなくバルコニー部分も同時に回転する。気分によって、外の景色を変えられる家。

ガラスの壁なので、光が部屋の中に差し込んでくる。思わず気分もアガりそう。

■部屋

気分によって、外の景色を変えられる家。

最大限の採光になるように考えられた壁や天井。大きな柱などもなく、オープンな空間。このフロアには、リビングルーム、キッチン、マスターベッドルームが含まれている。夜に明かりを消せば、天然のプラネタリウムを楽しめるはず。

マスターピースの陰には…

Devon Hausがあるのは、イギリス南部デヴォン。穏やかな気候で知られる土地のようだ。写真に写っている景観を見るだけでも、マスターピースっぷりが伺える。

しかし、この実験的な構造のため、これまでの道のりは平坦ではなかったようだ。じつに7年ものアイデア開発、さらに3年もの月日をかけて許可取り、及び、建設にこぎつけたとのこと。このユニークな建築物には、前例のないものに挑戦する建築家の強い意志が宿っている。Licensed material used with permission by The D*Haus Company

関連記事リンク(外部サイト)

359度向きが変えられる「回転式ハウス」が楽しそう!
360度カメラが捉えたコックピットからの映像。気分はまさにパイロット
その家は一本の柱でバランスを取り、360度回転し、さらに傾く!

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。