体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カツセマサヒコ 第1話「from2119」|履歴小説

カツセマサヒコ 履歴小説 第一話 katsuse_banner

カツセマサヒコ、品田遊、ジョイマン高木、夏生さえり、比之葉ラプソディ。5人の作家・クリエイターが、同じ3枚の履歴書から妄想を膨らませて、それぞれの物語を綴る「履歴小説」。

第1話のお題は、世田谷区在住、浅野真悟(21)の履歴書。asanoshingo_rirekisho※クリックで拡大

書き手は、Twitterでも大人気のフリーライター、カツセマサヒコでお送りします。

 

カツセマサヒコ 第1話「from2119」

 

浅野真悟という天才の話をしたい。

浅野とは大学の新歓コンパで出会い、社会人2年目となったつい最近まで友人として付き合いがあった。

「天才はバカの紙一重」とよく言うが、浅野はそれを地で行く男だった。頭の回転がとにかく早く、TOEICも900点。世の中の全てを見知っているような発言をすることもあれば、テレビ画面をスワイプし出したり、「靴ひもの結び方がわからない」と言い出したりすることもあった。

そんな浅野の話を何故するかというと、彼は、もうこの世界にはいないからだ。

つい先日、つまり2019年9月、彼はいなくなった。そして、もしも彼が言うことが真実なのだとするならば、彼がいなくなった理由は、私たち人類においていずれ貴重な情報になるように私は思えた。それは誰かが何処かにひっそりと書き留めておかなければならない、現在と未来を繋ぐ重要な架け橋となるような予感がした。

浅野は、花が好きだった。

いや、それだけ聞くと何処かポエムな男のように聞こえるが、決してそうではない。花だけではなく草木まで、浅野はそれらを何かの研究対象として見るように興味を示した。

好きというよりは、執着していた。ときにはひどく憎んでいるようにさえ思えた。その証拠に、彼は草木のことを「あいつら」とか「やつら」と呼ぶことが多々あった。

浅野は、生け花やフラワーアレンジメントを趣味にしていた。当時大学生だった私たちからすると、その趣味はかなり特殊で、周りの友人はときにそれをネタにして笑いを取ってみせた。

しかし浅野はひどく真剣な様子で、「お前らは植物の怖さを知らない。生け花は人間が自然をコントロールしようとしていたことの証明であり、その力関係が最も顕在化かつ一般化されている文化のひとつだ」と、言いのけた。

えらく達観したことを言う人間だった。

そのくせ、雨に異常に怯えたり、蚊がとにかく苦手で虫除けスプレーを一年中持ち歩いていたり、野菜を一切食べなかったりと、偏屈で臆病な部分も多く持ち合わせていた。

その偏屈さと秀才ぶりに興味を持った故、私は彼に惹かれていった。

浅野は、大学4年になって初めてアルバイトを始めた。

バイト先は「未来堂文具店」という、名前の割に未来どころか現代的な要素すらあまり感じられない、古くから商店街に佇む寂れた文房具屋だった。

いつもどことなくスタイリッシュな浅野がわざわざその店でアルバイトをするには、どうにも違和感があった。4年間一切働かなかった男が、何故ここにきて文具店なのか。理由を尋ねたが、得られた回答は相変わらず突飛なものだった。

「珍しいだろ、文房具なんて。ペンとか、あんなにあるんだぞ」

浅野にとって、ペンは絶滅危惧種のような存在のようだった。とくに鉛筆についてはひどく興味を示し、「木材と黒鉛なんて、今じゃありえない。組み合わせとして贅沢すぎる」と、よくわからないことを呟いた。

katsuse_pen
1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。